Translate

ポジティブの方法 その3

・ポジティブの方法における前置き3


思いがけないところで思いがけずつまづくこともある。つまづいた拍子にポケットからビー玉が転がって別の道へ進んで行く。ころころと。それを追いかける。ころころと。ふと顔を上げると知らない場所だ。ここはたぶん幸運の場所。きっと開運の入口。そう思うことにした。そう決めた。そう決めたからそれはそうなるほかないだろう。


・時間がない


時間がない。時間がなくて本来やろうと思っていたことに手がつかない。それなのに横道にまで逸れ始めている。本当はサイドワークだったはずなのにそれがスムーズには進まない。サイドワークなんだから手軽に簡単に継続するフォーマットだけできればいい。それができればあとは半自動で進む。はずなのに。フォーマットができない。スムーズにするために試行錯誤する。そこに膨大な労力と時間を注ぐ。ますます時間がない。メインワークが進まない。そして思う。 なんて幸運なんだろう。と。それは必要なスキルなのだ。たぶん。それは必要な知識なのだ。きっと。もしかしたら今は必要性を感じないかもしれない。もしかしたら10年後に役立つのかもしれない。その日がきてからではきっと遅いのだ。でもその日がきたら準備する時間がないかもしれない。だから今きっとそのための時間なんだろう。今その機会が得られたんだ。チャンスをもらえたんだよ。知識の天使と必要性の精霊がチャンスをくれたんだよ。しっかりとこのチャンスを噛みしめて吞み込もう。無駄なことなどない。と。今だってほら。もうすでに。まるでスピンオフの映画のように。そのサイドワークは大きな全貌をあらわそうとしている。大きな成長をするかもしれない。まるでスピンオフの映画のように。


2017.2.18 him&any

©2017 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節