Translate

面接や営業で表現するというのは 2

表現することについての雑文 その2


 そもそも表現するとはどういうことか、ということについて「表現するというのは 1」に投稿しました。その続きとなる「その2」では、表現することを具体的な場面において意識するということについて、記述します。


・面接や営業などの場面における表現


 入試や入社試験、あるいはアルバイトの採用において面接を経験する人も多いでしょう。面接における表現は、身体的表現と言語的表現(返答内容)の2つに分けられます。

 身体的表現とは、立ち居振る舞いや身だしなみ、身振り手振り、表情、髪型などの「目で見てすぐにわかる部分の表現」のことです。身体的表現は、そのことに気づき、練習を重ねることで比較的身につけやすい表現方法です。自転車の乗り方や縄跳びの飛び方のように、一度身につけば、あとはほとんど意識することなく実践することができます。

 言語的表現(返答内容)とは、相手からの質問に対する返答における表現です。純粋にどのようなことを言えばよいのか、という言葉の選び方の他に、どのように言うのか、という点も加味する必要があります。やや複雑な表現方法です。
 
 では、身体的表現から、細かいところを見てみます。まずは足もとから。
 
 というのは、普段は意外と注目されません。おそらく目の高さから離れた場所にあるからでしょう。今日あった人がどのような靴を履いていたか思い出せるでしょうか。このブログの筆者はほとんど思い出すことができません。ファッションや靴に興味のある人はきっと別でしょうね。ただ、このブログの筆者も、靴を履くときに、靴置き場に並んでいた靴ならば何となく思い出せます。それは、「自分の靴を履こう」という風に「靴」に意識のフォーカスが向かっているからです。同じものを見ていても、意識が何に向いているかによって、見えるものは全く変わってしまいます。このことについては、「視野」という投稿に以前記述しました。

 面接や営業という場面においては、靴というのは重要な役割を果たします。普段の生活のように、すっと見過ごされるということはありません。きちんと見られてしまいます。とはいえ、特に高価な靴や素敵な靴を履く必要はありません。

 面接を受けるのが学生さんであれば、学生さんらしいシンプルな靴であれば良いと思います。それで「純粋にシンプルな気持ちで、ただただ、きちんと試験を受けにきたのです」ということを表現することができます。就職活動の面接であればスーツを着ていると思うので、スーツに合う靴ですね。

 営業の場面においては、場合によって使い分ける方がよいと思います。ファッションセンスが必要な業界であれば、シンプルな中にもセンスをちらっと見せられるような靴を選ぶと良いと思われます。その靴を履いていることで、センスが合う相手であれば、親近感をもつこともできます。あるいは、「この人の靴選びは素敵だからセンスについては信頼がおけそうだな」という気持ちを持ってもらうという可能性もあります。つまり、靴の選び方ひとつで「同じようなセンスをしてるよ、売り買いはともかく、まずは仲良くなりましょう」という思いや、「靴選びのセンスについては自信があるから、そこは任せてくださいよ」という気持ちを表現することができます。

 ただし、あまりにそのセンスを表現する度合いが大きい場合は、相手にとって「鼻につく」靴になってしまいます。「鼻につく」というのは日本語で、「嫌な気持ちになる」というような意味です。その靴の存在がうっとうしくなるとか、嫌味に感じられる、ということです。面接では「合格や採用を決める」というシンプルな目的のために設定されている場面なので、対応も比較的シンプルですが、営業の場面では、相手や立場や頻度や心情がさまざまなので、対応が難しいですね。「これが正解」という答えはないと思います。

 面接においても、営業においても、共通して言えるのは、靴は汚れていないほうがいい、ということです。汚れていると、単純に印象が悪くなってしまいます。相手が意識の中で明確に「この人の靴は汚れているから印象が下がるな」と判断するのではなく、意識の奥底にもぐりこんで「なんとなくこの人は良い感じがしないな」と思われてしまいます。汚れた靴そのものが悪いというわけではありません。このブログの筆者も同じ靴をすでに5年近く履いている気がします。もはや年数も覚えていられないほどです。
 
 それはさておき、汚れた靴そのものが悪いわけではなく、汚れた靴のままでそのような場面に入り込むことが印象を悪くする原因だと思います。面接という場面は、自分を採用するかどうか、合格にするかどうかを見てもらうという場面です。自分が見てもらう場面なのに自分のことを清潔にしないということは、「自分のことは清潔だと思わないでくれ」と表現しているか、「自分にとってあなたは、会うために清潔にするまでもない、たいしたことのない相手だ」という表現をしてしまうことになります。あなたがそう思っていいるかどうかに関わらず、意図せずにそのように表現してしまっているのです。それは避けたいですね。

 営業という場面でも同じことが言えます。「自分にとってあなたという客は、清潔にして会うまでもない、たいして大事ではない客だ」と表現してしまう可能性があるわけです。それは避けたいですね。このブログの筆者も汚れた靴を履いていますが、相手のことを「たいしたことのない相手だ」とか「自分にとっては重要ではない相手だ」なんて思ったことはありません。でも、もしかしたらそのように受け取っている人もいるかもしれませんね。なんだかこの文章を書きながら、自分の身だしなみや周りにみせている姿について、急に不安になってきました。

 とにかく、その場面に応じた靴を履いていく、そしてそれはできるだけ清潔にしておく、ということが大事だと思います。このブログの筆者のように靴を複数買うことができない状況であれば、なおさら、その靴を大事に、きれいにしておくべきだと思います(これは自分自身に向かっても言ってる文章です)。汚れがついたら落としておくとか、かかとを踏んで形を崩してしまわないようにするとか。

 靴について長々と記述してきましたが、足もとについて書きたかったのは、靴ではなく、本当は、足の置き方です。ちょっと靴のことを前置きにするつもりが、ここまで前置きがきてしまいました。前置きのままこの文章を終わります。

 つづきは、「その3」をそのうち記述したいと思います。

2017.2.9 him&any

©2017 him&any



コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節