Translate

面接や営業で表現するというのは 3

表現することについての雑文3


 そもそも表現するとはどういうことなのか、ということを「表現するというのは 1」に書きました。そして、表現の中でも面接や営業の場面における「身体的表現」の前置きとして、「靴」のことを「表現するというのは 2」に書きました。今回の「その3」では身体的表現の続きを記述します。


・面接や営業における足もと


 足もとの中でも一番下にある「靴」については、前回の記述の通りです。では、その靴を履いた足の向きで何を表現することになるのでしょうか。
 
 面接や営業の場面で、座った時に、足の向きおよび開き具合についてはきちんと意識しておくほうが良いと思います。足のつま先は、相手の方をまっすぐ向いているのがよいそうです。そして男性であれば膝とひざの間が軽く開いている程度、女性であれば膝とひざを合わせて閉じているほうがよいそうです。

 つま先の向きが、自分から見てカタカナのハのように「ハの字(はのじ hanoji)」状態は、いわゆる内またと言われる状態です。良いか悪いかということで考えれば、特に良くも悪くもないと思います。だってその人の座り方なんですから。きっと長い人生のなかでつま先がハの字になる座り方が、その人の肉体にとってはとても楽で、いつの間にかその人の肉体に沁みついてしまっているのだと思います。もしかしたら、整骨や針灸の方々からみると「骨盤が~」「脚の骨が~」などと、さまざまなデメリットが見えるのかもしれませんが、このブログの筆者の個人的な感想でいえば、ハの字について、善も悪もありません。

 ところで、整骨の人は整体師、針灸の人はハリ師だと思っていたらそうではないようですね。整体師というのは民間資格で、「柔道整復師」というのが国家資格のようです。ハリも「はり師」と「きゅう師」という2つの国家資格に分かれているそうです。さらに、「あん摩マッサージ指圧師」などというのもあって、複雑ですね。

 ハの字に善や悪が無いのであれば、別に気にしなくていいじゃないか、内まただっていいじゃないか、と思われるかもしれません。それはそうです。その通りです。でも、面接や営業の場面で、となると異なる意味合いが生じるかもしれないことを気を付けた方がいいのではないかなと感じるのです。つま先がハの字、つまり、内また、というのは一般的にどのような状況になっているときをイメージするでしょうか。

 一般的に、という言い方は難しいですね。社会通念的に、もしくは比較的多数の共通認識として、という言い方の方がいいのかもしれません。あるいはこのブログの筆者の個人的な思い込みというのが正解かもしれません。

 おびえているときに、内またになりやすい、というイメージはないでしょうか。怯えて腰が引けている、という状態です。足を肩幅に開いて、足のひら(足のうら、です。手のひらと同じ雰囲気のフレーズで、足のひら、と書いています)が地面についた状態で、腰を引くと、ひざや骨の構造的に、おそらく、内また、の方が腰を引きやすいのです。いろいろなアニメーションでも、「怯え」の表現として、この腰を引いた内またの状態を使用していると思います。猫のTとネズミのJが追いかけっこをして、バタバタしつつ、仲のいいあのアニメでも、よくこの表現を使っています。猫型兼人型自動機械が活躍するあのアニメでも、眼鏡をかけた小学5年生のNびNびた君も、よくこのような腰と足の形になります。

 つまり、両足のつま先が内側を向いていると、「内またに見える」→「怯えているようなイメージ」→「気が弱いのかな」→「自信がないのかな」という無意識のイメージを相手に持たれてしまっているかもしれない、ということです。逆の言い方をすると、自分には自信がないんですよ、ということを、知らず知らずのうちに表現してしまっているかもしれない、ということです。実際に自信があるかどうかは一切関係なく。

 補足ですが、一般的に、あるいはこのブログの筆者の個人的な思い込みかもしれませんが、女性は比較的内またの人が多いような気がします。女性が内またになる要因としては、スカートを履くことが多いので、見えてはいけないから足を閉じておくという服装的な背景の他に、日本であれば以前は着物(kimono)を着用していたため、足を閉じておくのが女性としての身だしなみになっていたという背景もあるかと思います。さらに、出産に対する骨盤の形と大たい骨のつながり方などの物理的な要因もあるかと思います。

 このように、女性の「内また」と、先に述べた「おびえている」というイメージは、まったく別々の由来のものだと思うのですが、それが女性においてひとつにミックスされたときに、「はかなげで美しい女性のやわらかな雰囲気」というイメージを喚起させるのではないかと推測します。内またに対してそのようなイメージを持っているという前提で、目の前の男性が内またで座っていた場合、「はかなげで美しい女性のやわらかな雰囲気」をその男性に重ねてしまうため、いわゆる一般的な「男性のイメージ像」という前提とミスマッチをおこして、違和感を感じさせるのではないかと思われます。(ここで言う男性のイメージというのも、一般的にというか、このブログの筆者が思うところの一般的というイメージですので、そう思われない方もあるかと思いますのでそのような場合はご容赦ください)。

 この違和感にはメリットもデメリットもあります。デメリットとしては、面接官がイメージのミスマッチによる違和感を無意識に感じていた場合、足もととは何の関係もない受け答えの内容(たとえば志望動機や目標など)に対しても、その違和感を差し込んでしまうという可能性が考えられます。人の脳は思いもよらない場所から思いもよらない情報をひっぱり出してきて統合しますからね。そうすると、あなたの前途有望な志望動機の中に、「おびえている」という匂いを、不必要に嗅ぎ取ってしまい、面接官の判断に影響する、という可能性もなきにしもあらずなのでは、と思います。
 
 メリットは、その「やわらかな雰囲気」のほうを出したいときに効果的だということです。これはブログの筆者がある時、気がついたことなのですが、取引先との打ち合わせの際に、相手が「押しの強い」タイプや「意見の強い」タイプだった場合に、自然と、自分が内またに近い座り方をしていたのです(!)。まあ、たぶん、おびえていたんでしょうね。しかし、その後、お互いに足もとが見える椅子(応接セットのソファーなど)に座っている場合には、相手が「押し」のタイプの場合に、こちらは「引き」ですよ、「わたしはやわらかい雰囲気ですよ」、「だからあなたとはうまく呼吸をあわせて仕事ができますよ」と無意識の領域にアピールするために、あえて、内またに近い姿勢をとっていたこともあります。それが、功を成したのか、逆効果だったのかは、その相手に聞かなければ分かりませんが。

 内また(ハの字)に対して、外また(逆ハの字)になっている場合はどうでしょうか。ここまでの文章内容から逆算して、カシャカシャと電子卓上計算機的イメージではじき出した結果、内またとだいたい逆の効果を想定していただけるのではないでしょうか、と想定して、簡略的に進めます。

 おそらくは「オレ強いんだぜ」「オレは面接官のお前よりもすごいんだぜ」「オレはものすごく自信があるぜ」ということを、表現してしまっている可能性がある、と思います。あなたが本当にそう思っているかどうかにはまったく関係なく。もちろん、それがとても効果的な場面もあるでしょうし、デメリットとなってしまう場面もあるでしょう。面接や営業という場面においては、おそらくデメリットの可能性が高いのではないだろうかとこのブログの筆者の個人的な感想としては、そのように思われるのです。

 今回でようやく、前回書きたかった「足もと」のことを書き終えました。しかし、少し長くなってしまったので、外またのところはだいぶ簡略的になってしまいました。

 次の「その4」では、身体的表現の続きで、「手」に進みます。その前に、「くつ下」を書き忘れたので、おそらく、「くつ下」の記述が終わったら、「手」に進むと思います。

2017.2.11 him&any

©2017 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版