Translate

首の痛みとストレートネック その3

◆2月に「ストレートネック」という診断を受けました。
◆そこに至る経緯と対処をまとめておきます。
◆今後の自分に向けて。そして同じ症状のいつかのどこかの誰かに向けて。

その1 、 その2 の続き


・ストレートネックだと言われる【診断】



 旅行から帰宅、試行錯誤の就寝のあと、朝になり、開院時間に合わせて近くの「外科内科」の看板を掲げた病院へ行く。症状を問診票に書いて提出。旅行で先送りになっていた病院。ついに待望の診察室へ入る。

 問診票を見てドクターがひとこと「寝違えみたいなもんだね」という。この時点まで頸椎ヘルニアだと思っていたので「人に話をしたら頸椎のヘルニアじゃないかって言ってたんです」と伝えるも、あっさりと「レントゲンとろうね」と上手に諭される。

 レントゲンでは「上を向いて」「横を向いて」と言われるが痛みが怖いので、レントゲン技師の人に手で頭を動かしてもらう。

 再度診察室で、レントゲン写真を見ながら、「これが首の骨、こうやって分かれているよね、それぞれの骨と骨の縁のところがガサガサになってきてるから、ちゃんと自分の体のメンテナンスをするように」と言われる。そして「これが上を向いている写真、これが下を向いている写真」と交互に何度か見せられる「ね、首の骨がまっすぐでしょ、これストレートネックだよ、典型的な」と言われる。

 「!!」レントゲン写真を交互に見るとはっきりとわかった。頭は上を向いたり下を向いたりしているが、確かに首の関節の骨は、まっすぐなままだ。ドクターが「まっすぐなひとかたまりの骨みたいになっているから柔軟性がないんだよね」というのが目の当たりになっている。本当にそうなっている。「だから、ちょっとの刺激を柔軟に受け止められないから、疲労が蓄積して、何かの拍子に、くるんだよね」と言われる。「なるほど!!」それが金曜の夜のあの車の発進だった。

 ドクターが手を伸ばしてこちらの首回りを触りながら「首回りと肩の筋肉がこわばってるね、固いよ(正確には、かったいよー、という言い方だった)」と言われる。固いよと言われても自分ではちょっとわからないですね、という顔をしてみたら、「俺の肩さわってごらん」とドクターが言い、女性看護師も「先生の肩を触ってみてください」というので触らせていただくと、グニャグニャ!!だった。比べると、確かに自分の肩は固い(ダジャレみたいになってしまった)。

 「薬を出すから、今回の痛みは数日で終わるけど、ほっとくともっとひどいことになるから、リハビリした方がいいよ。」と言われ、そのままその外科内科の2階にあるリハビリ室へ移動。

 人生初のリハビリ室でドキドキしながら待っていると、人生初の「電気治療をしますね」の言葉。首に電極を付けて8分流すのだという。「で、電気」という顔をしていたら、「痛い手前の刺激で調整するので言ってくださいね」と声をかけていただいたので、「痛い手前」で調節してもらい8分。電気治療はとても気持ちが良かった。そしてドキドキしながら次を待っていると、どの動きでどれだけ痛いのか、細かく確認される。結果、お風呂に入ったから炎症が悪化したかもしれないし、お風呂の後に、冷えたから炎症が悪化したかもしれない、と言われる。それ以外はドクターに言われたことをとてもかみ砕いてやさしく教えていただく。「なるほど」と納得したところで、うつぶせとなり、マッサージ?のような施術が始まる。

 左の肩甲骨が右よりも下がっているらしいことが判明。どうやらそれは不自然なことなのだが、その無理な体勢をとることで他の部分のアンバランスを肩甲骨が補っている、ということらしい。理科室の骨の標本は針金でつながっているが、人間の場合は、筋肉でつながっていて、肩甲骨は柔軟性があるので他の部分のアンバランスを自分の位置を変えることで調整していたのではないか、ということらしい。

 さらに今回の炎症とは別に、左肩に部分的な「コリ」があることも判明。そう言われながら押されると確かに何かゴリゴリとしたものがある。「そんなものが自分の左肩にあったなんて」という気持ちだった。マッサージの終わった時点で、首の可動範囲が広くなっていることに気付く。そして柔軟運動の方法まで教えてもらう。これから数日リハビリに通ってもらうがその合間も自分で、ツッパリをほぐしておくこと、そして動かしてこなかった部分を動かしていく練習をすること、と言われる。なるほど。今日何度目のなるほどだろう。納得することばかりだ。

 病院をでるときにはさらに痛みが軽減されていることに気付く。痛みどめなど飲まなくていいのではないかと思ったが、薬局で油断してうなづくとやはり痛かったので痛みどめもしっかりと飲むことにした。

 原因と対処法がここでようやく明確になった。「ストレートネック」の延長にある炎症が原因。そしてストレートネックそのものに対する柔軟やマッサージが、対処法だ。

 帰宅して痛みどめを飲み、塗り薬を塗ってしばらくするとまったく痛みはなくなった。でも、この痛みの無い首の中には、まだ炎症がくすぶっているわけだし、痛みの無い中に首への負担は確実にかかっている。もう痛みが無いので左手を添える必要はないが、そうなると、首の「キーポイント」に確実に感じることの無い負担はかかっている、ということだ。暗闇の中でひっそりと進む何かの儀式のように。これに慣れてしまうとまたいつか同じことになる、いや、ドクターが言うように、今回よりもっとひどいことになる、はずだ。

 ちゃんとリハビリに通ってストレートネックを改善しようと思う。

2017.2.22 him&any

©2017 him&any



コメント

このブログの人気の投稿

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

タガがはずれる・ハメをはずす・ハネをのばす 比較

コイントス

ASKA「止まった時計」

言葉の共通性