Translate

首の痛みとストレートネック その4

◆2月に「ストレートネック」という診断を受けました。
◆そこに至る経緯と対処をまとめておきます。
◆今後の自分に向けて。そして同じ症状のいつかのどこかの誰かに向けて。

その1 、 その2 、その3 の続き

・リハビリ通院【柔軟】


 人生で初の「リハビリ」に通う。今まで病院では「診察」の受付しかしたことがなかったため、「リハビリ」の受付方法に少しとまどうが、受付のお姉さんに診察券を渡してすぐに受理される。関係ないがマスクをつけていると顔の一部しか見えない。だからそれはホスピタルマジックなんだろう。たぶん。

 リハビリ室に入るとまず、前回と同じように「電気」を行う。そうとは知らずに待つための椅子に座ったりしても、「こちらへどうぞ」と言ってもらえるから心配ない。そしてもう「で、電気!?」という顔をする必要もなく適度な電力具合(という言い方でいいのかわからないが)で調整してもらえる。この電気は具体的にどのような効果があるのかあまり分からない。特に何かしらの実感もないが何かしらの効果があるのだろうと思う。

 電気のあとはベッドにうつ伏せになり、肩を中心に背中をマッサージしてもらう。そのあとは仰向けで首と後頭部と肩を中心に。あれはマッサージなのだろう、たぶん。いわゆる「リハビリ」という言葉から苦痛に耐えながら歯をくいしばって何かをやる、というイメージしかもっていなかったが(それはイメージが古いのかも)、これはたぶんマッサージと呼んで差支えないものだろう。肩を中心とした筋肉を柔軟にするための処置らしい。

 以下、マッサージをしてくれた人(マッサージ師ではないと思うがどのような資格の人なのか分からない)に、聞いた話を中心に進めます。

 特に気になるキーワードは「肩甲骨」だ。肩甲骨にはいろいろな形でいろいろな方向に筋肉がくっついているらしい。それが支えたり伸びたり縮んだりしていろいろな方向へ曲がることができる。この筋肉に柔軟性がなくなると動きにくくなる。そして「衝撃に対する柔軟性」がなくなる。

 衝撃に対する柔軟性がなくなると、もちろん衝撃に耐えられなくなる。今回の首の痛みがまさにそれだ。これは一回の衝撃がどうのというよりは、筋肉に蓄積されつづけた何かが、ある拍子に一線を越える、というイメージらしい。今回の車の発進は単なるトリガーにすぎず、そこまでに、筋肉に蓄積された何かが問題の根本らしい。

 蓄積される何か、というのは、仕事であったり、寒さであったり、不自然な姿勢であったり、血行不良疲労ストレスなどだ。確かに今回の「金曜日の夜」というのは一週間分の「仕事」の「疲労」がたまった状態であり、冬なので「寒い」し、何より仕事はわりと「不自然な姿勢」でやってしまっているうえに、普段からかなりの猫背らしいので、ただそこに立っていたり座っていたりするだけで「不自然な姿勢」になっている。これだけのものが「つもりつもって」いる中で車の発進時の「G」がかかっため、普段なら何でもない重力が、今回は一線を越えてしまった、ということだ。

 そしてストレートネックになっているということは、肩の固さもそうだが、首の方は、もっと柔軟性がなく、「衝撃に弱い」ということだ。今回は「寝違えのようなもの」で済んだので本当に幸いだったが、この先、もっとひどいことにならないように柔軟性を持ちたいと思う。

 ところで肩が固いと言われて以来、ついつい人の肩の固さが気になってしまう(ところで肩が固い肩が固いと言っているとダジャレを連発しているみたいなのでここから、肩がやわらかい、という言い方にする)。事務職をしている女性をみると、この人の肩はやわらかいのかな、と思ったりする。現場仕事をしている男性を見ても、この人の肩はやわらかいのかな、どうなのかな、と思ったりする。まさか「肩がやわらかいかどうかさわらせてください」とも言えないので、ただ、それが、気になるだけだ。何の他意もない。

 柔軟性を持たせるためには、肩甲骨の「可動域を広くする」こと、そのために「周囲の筋肉をよく動かすこと」、「あたためて血行をよくすること」、「使われていない部分を意識して使うこと」が重要らしい。

 肩甲骨の筋肉は肩を中心に背中にくっついているが、中には背中から上に伸びて、頭の付け根、後頭部の下にまでくっついている筋肉もあるらしい。これは頭を上にあげる(上を向く)という動作をするときにつかう筋肉だそうだ。この筋肉と頭のつなぎめにあたるところは、マッサージのときに軽い痛みがある。それはつなぎめだから疲労が蓄積している可能性もあるという。そこもほぐしてもらう。

 さらに肩甲骨の筋肉は首にもつながっている。この首につながっている筋肉が無いと、腕はぶらんと落ちてしまう。ということは逆に、この筋肉は首にくっつくことで腕の重みを支えている、ということだ。だから、痛みのひどかった土曜日に、左手を上げると、首の痛みが緩和されたのだ。首にかかっていた腕の重みを軽減することで首の負担が減ったので痛みが減った、ということらしい。なんてすごいんだ、人間の身体って、よくできてる。さらにさらに、人の頭はボーリングくらい重いらしい。ボーリングのボールのほうね。首はそれを支えているのだから、それは相当な負担だよね。そして肩の重みもあるし。いやいや、これはいたわってあげたい。

 ストレッチの仕方を2種類教わったので、これは一日のうちに何回も実践している。言葉ではうまく言えないのでそのうち画像を載せられたら載せたいが、まあ難しそうだからやめておきます。さらに「肩を回すこと」も教わったので、歩きながら、テレビを見ながら、肩をぐるぐる回している。腕、ではなく、肩だけを回す動きです。腕はだらんと下にさげたまま、肩をぐるぐる、首をすくめるような感じというか肩を上げ下げするような感じというか、そういう感じでぐるぐる回しています。

 おかげで例の左後ろの首の痛みはもうまったくありません。ただ、リハビリの中で何度も言われているが、肩から胸にかけての筋肉が固い、とくに左側が固い、だから左の方が柔軟性がないので、気になる、らしい。気になると言われるとこちらも気になる。気になるけど、どうなるんだろう。左が固い?なぜだろう?またさらにリハビリに通ってそういうのも改善されるのを期待したい。


2017.2.23 him&any


©2017 him&any
 

コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版