Translate

首の痛みとストレートネック その6

◆2月に「ストレートネック」という診断を受けました。
◆そこに至る経緯と対処をまとめておきます。
◆その後の経緯もまとめておきます。
◆今後の自分に向けて。そして同じ症状のいつかのどこかの誰かに向けて。



その1 、 その2 、その3 、その4 
その5 の続き

・通院によるリハビリの続き 【観察】


 すっかり痛みはないので、リハビリ通院も週に2回で良い。筋肉のこわばりをほぐす薬というのは毎日飲んでいる。

 もう痛みがないのだが、ここ数日、ある変化に気がついた。自分の身体の調子が変わることに気がつくようになった

 「今日は調子がいいな」とか、「今日は昨日からの疲労が抜けていないな」とか。特に痛みのあった首から肩、そして背中にかけて、非常に意識が向いているのが分かる。そしてやはり、症状を発現した「左側」というのに意識が向いている。そのせいなのか、左の腕と脚は、ここ最近、無駄に疲労している感覚がある。特に力を入れている覚えはないのだけれど、まるで力を入れていたように疲れている感覚がある。

 思い当たることとしては、文字を書くときや、パソコンで作業をしているとき、うつむいて何かをしているときに、無意識に頭を左に傾けていた、ということに気がついたので、それを「まっすぐ」にするよう意識するようになったことくらいだ。はっと気付くといつも左に傾いている。それをまっすぐに戻す。これだけ左に傾いていたら、それは、左に負担がくるよね。と、我ながら思うほど、傾いています。


・体の矯正と疲労



 上記のことについて、リハビリのマッサージ中に質問してみました。するとやはり、「今までそれが普通だったし、それは、他の人から見たら不自然でも、自分の中では、自然で、楽な姿勢だったから、体全体がその形に慣れてしまっている。首や肩の筋肉も、同じくその形を覚えて、その形に固まっているので、その傾きを意識的にまっすぐにするために、今までは使ってこなかった筋肉を使うようになっている。だからその筋肉は、今までにない疲労を覚えているはず」ということなのです。

 なるほど、体は確かに今まで慣れたやり方が楽なんだよね。でもそれだと、元の木阿弥だから、今は疲労があるとしても、まっすぐな方向へと意識していく方がよっぽどよい。「歳を重ねていくと、ある地点で急激にその結果が出てくるものなんです。筋肉は。メンテナンス次第で、長く使えるのか、ある地点でダメージがオーバーして動かくなくなるのか。日々の心がけがいつか形になるんです。筋肉は」ということも言っていた。

 なるほど、そういうものなのか、筋肉は。それなら確かに長く使えるようにしておきたいから、今は自己メンテナンスを身につける時期なんだよな、と思います。

 さらに、「今はまだ、筋肉をこうやって人の手で強制的に動かせば、動くし、ほぐれる状態の筋肉なので、まだいい。でもそれが固まってしまうと、ほぐすのに時間がかかるようになるし、ほぐれなくなってくると、骨に支障をきたすようになって、骨の場合は、筋肉と違ってほぐすこともできないし、支障をきたした時点で、自然にもとに戻すことはできない。」ということらしい。なるほど。そりゃ確かに今からメンテナンスしておかなきゃ。筋肉の。


・首の長さ


 そして今回の新しい発見。「首は本来はここまであるんですよ」と言われて、押されている場所は、どう考えても肩なんです。「いや、そこは、肩ですよね」と反論するも、首の骨の形をなぞりながら「ここが関節、ここが次の関節。だから本来はここまでが動くべき場所。この部分が肩と一緒になってしまって、固まっているから(肩だけに、ってことか ※筆者合いの手)、必然的に、そこを動かさずに、もっと上の動く部分だけを使って、上を向いたり頷いたりしている。だから、その部分には疲労がたまっているはずですよ。」とおっしゃる。

 そこまで首なの!?

 という強烈な驚きを覚える場所でした。その押された場所は。でもおかげで首が長くなった感じがします。そしてそこまで意識することで、より筋肉を使って首を動かすことができるようになりました。そうか~、そこまでが首か~、という驚きを抱えて帰宅しました。

 あとは首以外にも、「胸の開き」も差が出てくるそうです。肋骨の間にある筋肉が、縮んだまま固まってしまっている人が多いので、そういう人は呼吸器系もうまく動作しなくなっているということでした。

 そう言われればずっと猫背で暮らしてきたし、肋骨を意識したことすらありませんでした。

 そうか、そういうこともつながっているんだな、と感動した次第です。

 今後は、首、肩、肋骨を意識して、日々暮らそうと思います。


2017.3.8 him&any


©2017 him&any


 

コメント

このブログの人気の投稿

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

タガがはずれる・ハメをはずす・ハネをのばす 比較

コイントス

ASKA「止まった時計」

言葉の共通性