Translate

ツイッターの検索に載らないツイート

検索に表示されないツイートに関する個人の感想


・ツイッター利用の開始


 2017年2月26日からツイッターの利用をはじめました。とりあえずまだフォローもフォロワーもなく、広いウェブの惑星に浮かぶ、ツイッターという大陸のはじっこの、him&anyのツイッターアカウントという小さな島で、ひとりで、ぶつぶつとつぶやいている状況です。


・リアルタイム検索


 ヤフーのリアルタイム検索という検索で、ツイッターのつぶやきが検索できることは前々から知っていたので、小さな島の孤独なひとりごとが検索に反映されるかどうか試してみました。つぶやきの中のいくつかの単語を検索窓に入力して、検索ボタンを押しました。いや、違う。検索ボタンを、ドキドキしながら、押しました。

 そうすると、きちんと検索に引っ掛かりました。よかった。この小さな島の孤独な聞き取りにくいもぞもぞとしたつぶやきも、検索というロボットはきちんと拾い上げてくれるんだ、と感動しました。こう簡単に検索に載るなんてとてもうれしいですね。ブログではいくら数を重ねても検索には載らないのに。


・検索に表示されない、気になるツイート


 しかし、気になったことがありました。どの単語を入力しても検索結果に載らないツイートがあるのです。いまのところ2つ。あれこれとネットを検索してみると、これが理由ではないかと思われるものが見つかりました。とても分かりやすかったのが「そらより」という人の2015年10月20日のブログです。字の配置も、画像も、とても見やすく、説明もとても分かりやすい内容です(この人が「中の人」だったら、きっといろいろなサイトの難しいヘルプの文章も、もっと分かりやすくなるのに …あくまでも個人の感想です)。


・検索に表示されない理由


 どうやら、今回検索に載らない(検索に表示されない)ツイートは以下の理由に該当しそうな気がしました。

 1、新しいアカウント

 なるほど、まだ新しいアカウントだから、ちゃんと利用する人なのか、それとも何か悪いことを企んでいる人のアカウントなのか、見極める時間が必要ということですね。ツイッターも悪用されては大変ですからね。


 2、URLが入ったつぶやき


 まさにこれです。検索結果に表示されない2つのうち1つはこちらです。自分のブログの記事のタイトルとURLをいれてつぶやいてみました。だってせっかくのツイッターなんだから、ツイッター大陸に暮らしている人たちに、自分のブログの自分なりの会心作の記事(詩です)がここにあるんですけど、もしよかったら、いかかですか、って言ってみたいじゃないですか。URLのついたツイートなんていくつも見かけるし。

 でも、まだ駄目だったみたいですね。「まだ」というのは、上の1も関係していて、ちゃんとしたアカウントかどうかもまだ分からないのに、URLなんか載せちゃって宣伝なんじゃないの?それ。もしかして良くないサイトに連れて行こうとしちゃったりしてる?それ。と思われている、ということだと推測します。まあ、ツイッターも悪用されては大変ですからね。仕方ない。


・結局理由が分からないままのツイート


 思い当たる理由は以上です。・・・あれ?表示されないもうひとつのツイートは?と思い出し、さらに記事を読んでみても、「重複」とか「複数アカウント」とか「釣り」とか。身に覚えはまったくありません。ヘルプセンターも見てみると、「不適切な内容」としてあれこれ書いてありますが、それも該当しないと思います。

 だって、「マツモトクラブさん、おもしろかったです」とつぶやいただけなんですから。某テレビ番組を見ていて、彼はその勝負では勝ち上がることができず、1票も入らず、コメントもされなかったのですが、彼の風貌や芸風が「やさしくてシブいな」と思ったのでそのようにつぶやいた次第です。「マツモトクラブさん」が不適切な内容だったのだろうか、「マツモトさん」ならよかったのだろうか、もしかしたら、彼はその業界ではもしかして何かあるのか、もしかしたら彼の見かけに騙されているのか、いやいやそんなはずはない(ただ、このブログの筆者は人を見る目がないことには定評があるので、何とも言えませんが・・)。まあ、まあ、ツイッターも悪用されては大変ですからね。仕方ない。


・まとめ


 おそらくは、新しいアカウントだからだったのだと思います。ツイッターなんてぼんやりたまにつぶやけばいいんでしょ、と思っていたら、違うみたいですね。あまりにツイートが少なかったり、URLがついたのばっかりだと、ちゃんとしたアカウント(良好なアカウント)だと判断してもらえないみたいですね。価値のある内容を一定量、間をあけずにつぶやく必要があるようです。価値ある内容ってなんでしょうね。グーグルアドセンスのいう有益なコンテンツとか価値ある情報というのもいったいなんでしょうね。よく分かりません。ともかく、ぼちぼち日々日々つぶやいていこうと思いました。ブログ以外にやることが増えてしまったけれど。ある程度たくさんつぶやいて、自信がついたら、もう一度、あの言葉をつぶやいてみたいと思います(滅びの、まさか、ではないです)。いや、あの人の名前をつぶやいてみたいと思います(某メガネの魔法使いの世界のあの人、でもないです)。


2017.3.4 him&any


©2017 him&any


 

コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版