Translate

悲しみの水面(みなも)


手を伸ばすたびに

また

悲しみの水面に触れる

それを集めて

暗い土の下の

冷たい種子に

重ねていく

服を着せるように

重ねていく

誰も知らない場所で

誰も知らない涙を

透明な涙を

重ねて

温めて

いつかそれは

光に

芽を伸ばすだろうか

花を

咲かせるだろうか



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

これはついさきほど、つくった詩です。
ついさきほど、というのは2017年3月22日18時30分頃です。

ブログは、ある時期から、予約投稿で更新していますので、
通常は、書いた日と、投稿公開される日は時間差があります。

ただ、今回、この詩をふと書きながら、
なんで「悲しみの水面(みなも)に触れる」んだろうと
思っていました。

「悲しみの欠片」とか「悲しみの棘」とか
「悲しみの風」とか
いろいろと選択肢はあるはずなのに最初から
「悲しみの水面」が浮かんで、そのまましっくりきたので
そのままにしました。

で、なぜそれを今日はリアルタイムで投稿しているのかというと
上馬キリスト教会という教会のツイッターを見たら
「3月22日は水の日」とあったので

こんな偶然もあるのだな

と思ったのです。

なるほど、だから、水面なのか、と。
何となく、何かと何かがリンクした気がしたので
今日はそのままリアルタイムで投稿公開としています。

それが偶然というものだと思います。

「水の日」というのは、上馬キリスト教会さんのツイートで
始めて知ったはずです。
でも、もしかしたらどこかで聞いていて
水というキーワードが
潜在意識の中に隠れていたのだとたら。
それは、偶然を生み出す必然かもしれませんね。
まあ。そういう可能性も否定はできないけれど。


2017.3.22 him&any

©2017 him&any



コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節