Translate

桜は雨が好き(桜の詩1篇)


桜は雨が好きなんだと思う。

雨の気配を待って咲く気がする。

わざと雨を待って桜は満開を迎える。

自らの散り方を雨風で演出している気がする。

そして結局のところ

好きでも嫌いでも。雨でも晴れでも。

咲いても散っても。

何かを思わせ

何かを考えさせるところが

桜の魅力なのかもしれない。

それが桜の存在感なのかもしれない。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


上記はツイッターのつぶやきに言葉を追加した詩です。

ツイッターではとぎれとぎれにつぶやきましたが

自分の中では全部つながっていました。

桜はずっと好きではなかった。

桜そのものよりは桜の季節が好きではなかった。

桜の季節にまつわるさまざまなことが好きではなかった。

たぶんその景色の中に痛みがあった。

それが今年の桜の季節の出来事で

少し変わった。

そんな出来事があった。

だから桜についていろいろと思ったのだろうと思う。

これも、まあ、日記みたいなものです。


2017.4.19 him&any

©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節