Translate

桜は雨が好き(桜の詩1篇)


桜は雨が好きなんだと思う。

雨の気配を待って咲く気がする。

わざと雨を待って桜は満開を迎える。

自らの散り方を雨風で演出している気がする。

そして結局のところ

好きでも嫌いでも。雨でも晴れでも。

咲いても散っても。

何かを思わせ

何かを考えさせるところが

桜の魅力なのかもしれない。

それが桜の存在感なのかもしれない。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


上記はツイッターのつぶやきに言葉を追加した詩です。

ツイッターではとぎれとぎれにつぶやきましたが

自分の中では全部つながっていました。

桜はずっと好きではなかった。

桜そのものよりは桜の季節が好きではなかった。

桜の季節にまつわるさまざまなことが好きではなかった。

たぶんその景色の中に痛みがあった。

それが今年の桜の季節の出来事で

少し変わった。

そんな出来事があった。

だから桜についていろいろと思ったのだろうと思う。

これも、まあ、日記みたいなものです。


2017.4.19 him&any

©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版