Translate

「全然だいじょうぶ」という言い方




全然 大丈夫、という言い方。「全然」という言葉。
これはこれでありなんじゃないか、という記事です。

「全然」という言葉は、何かを強調する言葉です。
品詞でいうと「副詞」だそうです。

うしろに否定することばを一緒に使うことで、
「全然~ない」という形になり、「まったく~ない」という
強調した否定になります。


全然おもしろくない
全然おいしくない
全然大丈夫じゃない

そして、会話で誰かのことばに返事をするときには
「~ない」を使わなくても、「全然」と言うだけで
「否定しているんだな」というのがわかります。


・「それ、おもしろい?」「全然」⇒まったくおもしろくない
・「それ、おいしい?」「全然」⇒まったくおいしくない
・「大丈夫?」「全然」⇒まったくだいじょうぶじゃない

このような前提があるので、「全然」ということばを
「否定ではないところ」で使うと「おや?」と違和感を感じます。

それで、「ことばの使い方がおかしい!」となります。


・全然おもしろい!
   ⇒おもしろくないってことかと思ったら、おもしろいのかよ!
・全然おいしい!
   ⇒おいしくないってことかと思ったら、おいしいのかよ!
・全然だいじょうぶ!
   ⇒だいじょうぶじゃないってことかと思ったら、大丈夫なのかよ!

この「違和感」が「ことばの使い方がおかしい!乱れている!」という
批判のもとになるわけです。


さらにいうと、
上記の例でも分かるように
「全然おいしい」ということばを言われたときに、

言われたほうは、
「全然」
というフレーズまで聞いたところで、
『全然~ない』という大前提が頭にあるので、

当然、そのあとに続く言葉は「おいしくない」であると想像して、
「えっ?全然おいしくないのか、ショック。。」
と思います。

これは一瞬のできごとですが、確実にそう思います。

ですが、すぐに「おいしい」と言われて
「あ、なんだ、おいしいのか、よかった」と安心します。

でも一度は(一瞬は)ショックをうけるわけです。

この「心のゆさぶり」をうけたことや前半のショックが、
なおさら「ことばの使い方がおかしい!」と批判したくなる要因になります。

そういう意味では、まあ確かによくないんでしょうね。

でも、「全然」という言葉の中に「否定」が含まれていることを
大前提としていて、その「否定」の部分を省略しても
会話が成り立つことを大前提とするなら、
「分かりきっていることは省略する」というのが会話言葉の流れなので
以下のようなことが考えられます。

例1
・「クッキー作ったんだけど、おいしいかな?」「全然おいしい!」

これはストレートに「おいしい!」というだけではなく、
「(おいしいかどうか心配しているようだけど、心配の必要なく)おいしい!」
という否定を含む「おいしい!」になっているのではないでしょうか?

「全然(=全然心配する必要なんてないよ)、おいしい!」
という気持ちをふわっと省略しているような気がします。

例2
・(観光地にて)「わー、この人形、全然かわいい!」

これもストレートに、ただ単に「かわいい」と言うのではなく、

「ここまでわざわざ旅行にきたのにかわいくなかったらどうしよう」
という心配を心の中に持ちつつ旅行にきていたが、
見てみると本当にかわいいものだったので
「全然(=全然心配の必要なく)、かわいい!」

という心の流れが含まれる気がします。

あるいは、
「前に見に来ていた誰それはかわいくないって言ってたなあ」
という心配や不安もあったかもしれません。

そういった心配や不安を打ち消す意味
「全然かわいい!」の「全然」に含まれていると
考えるのもいいのではないだろうか、という気がします。

例3
・(転んだ時に)

 それを見ていた誰か:「大丈夫?」
 わたし:「全然だいじょうぶっす!」

これもそうですね。

「大丈夫?」という問いかけの中に
「痛くないかい?怪我してないかい?」という意味が含まれています。
それに対して
全然痛くないです。全然怪我してないです。」
という意味を含めて
「全然だいじょうぶっす!」
と返事するわけです。

つまり、相手の省略されたことば(気持ち)に対して
「〜ない」という呼応部分を省略することで返答しているわけです。

省略されたものに省略で返答するわけですね。

省略と省略の応酬です。
マンガでいうと常人には見えない何かと何かで戦うような感じです。

これは非常に高度な言葉と気持ちのやりとりなわけです。

ということで、
「全然だいじょうぶ」という言い方も
それはそれでありなんじゃないか、という記事でした。

ちなみに最後の例文の「全然だいじょうぶっす」というのは
私がよく使ってしまうので、あえて入れてあります。
ときどき、目上の人にもそう言ってしまいます。

落ち着いて
「全然痛くないです。大丈夫です。ご心配ありがとうございます。」
と言うことができればいいんですけどね。

さらにちなみに
「全然だいじょうぶ」という言い方は
クレヨンしんちゃんの映画(サボテンのやつ)を見てから
頻繁に使うようになりました。個人的に。
あのキャラは好きでした。


2017.10.20 him&any

©2017 him&any



 

コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節