投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

Translate

当たりクジをひけない人生?そんなことはない

当たりクジをひけない人生?そんなことはない

今日も平凡な1日だった

ありとあらゆる困難を
巧みに避けて

ありとあらゆる危険を
見えないほど華麗に
すり抜けて

すべてにおいて平凡な選択肢を
ベストな選択肢を
選び続けてきた

1度も間違えることなく
ベストなジャッジをチョイスし続けてきたんだ

だから
今日も平凡な1日だった
この上なく平凡な1日だった

それはつまり
当たりクジをひきつづける
最高に幸運な1日
最高に平凡な1日

それがこの上なく当たりクジなんだ


2018.1.28 him&any

©︎2018 him&any

ジャクソン5の音楽を聴く冷たい冬の夜

ジャクソン5の


音楽を聴く


冷たい冬の夜







2018.1.27 him&any


©2018 him&any

忘れて眠って流れてしまおう

聞こえているのかどうか分からない声は
どこか遠くまで流れていって
たぶんどこかで溶けて消えてしまって
きっと届いていないのかもしれない
あるいは届いたけれど通り過ぎてしまったのかもしれない
もしかしたら受け止めた手から
振り落とされてしまったのかもしれない
戻ってくるかもしれないと返事を期待するから
苦しく切なく悲しくむなしく寂しくなるので
聞こえているのかどうかわからない声は
手元を離れたらもうどこかに漂って
溶けて消えてしまって戻ってこないものだと
思っているほうが何も考えなくてすむから
明日にはきっとどこかに溶けた心を
忘れて眠って流れてしまおう

2018.1.27 him&any


©him&any 2018

両手を天に高く高く

両手を天に高く高く
のばそう

下をむくことに慣れてしまった
腕を
肩を
スッと

のばそう

この中を循環する
巡りを 変えよう

そのまま顔を上に
上に 上に ひらこう

うつむくことに慣れてしまった
首を
背中を
スッと
ひらこう

うちがわの流れを
そとがわの流れを
変えよう

さあ深呼吸だ

背中を 胸を 開いて
深呼吸だ

吸って 吐いて

入れ替えよう
空気を 気持ちを 流れを

大丈夫
未来は輝いている


2018.1.26 him&any


©︎2018 him&any

CPUとメモリ(RAM)とHDDの関係は、脳神経と海馬と脳全体の関係に似ている

タイトルの通りです。思い付きです。
別に学術的な考察や実験や理論などはありません。

でも、なんとなく、そんな感じがしませんか?

【パソコン】

入力

CPUで処理
一時的にメモリ(RAM)を使用

必要なものはHDDで長期記録


【人】

刺激

脳神経を使って処理
海馬に一時的に記憶

必要なものは脳全体で記憶
(主に大脳新皮質なのかな)


この類似性って
とても不思議な感じがしませんか
僕は興味を惹かれます。

パソコンを作っている人たちが
人間の記憶方法をモデルにパソコンを作っているのか。

あるいは、無意識のうちに
人間の記憶システムをモデルにしていて
そして、いつのまにか
人間の記憶方法と同じようなシステムを
構築してしまったのか。

とても興味を惹かれます。

最近はHDDではなくSSDをメインの記憶媒体として
使用するパソコンも増えてきました。

SSDはフラッシュメモリなどと
同じような仕組みらしいので
海馬に近いのでしょうか。

HDDに書き込みをしないぶんだけ
処理時間が速くなるようです。

これって、今の人間の記憶方法にも
似ている気がしませんか?

昔は、きちんと自分で暗唱できるくらい
文章や語句の意味などを読んだり書いたりして覚えたものです。
ようするにHDDに一生懸命書きこんでいたわけです。

でも最近はスマホやパソコンで調べられるから
あまりきっちり覚えこまなくてもいい。

覚えこむことに時間をとらずに
サクサクと調べて処理して次に進むほうがスムーズ。
記録するならパソコンに入れておけばいい。
音声でもPDFでも。
なんならメモしたものがそのままクラウドに保存できて
さらにそのまま共有できて更新できますね。

そんな処理方法に変わってきている気がします。

これってつまり、
海馬部分だけ(比較的短い記憶だけ)を活用して
脳全体の記憶はデジタルに任せている

SSDだけを活用して
必要な記憶はHDDや外付け媒体などに任せている
というのと
似ている気がしませんか。

そういう感じの類似性に
何となく、興味を惹かれました。

him&anyの2018年最初のブログ記事でした。
今年もよろしくお願いいたします。

2018.1.24 him&any


©2018 him&any