投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

Translate

昔話と5W1H

昔話はすごい。
何かというと5W1Hがすごい。

昔話は導入部分で5W1Hをしっかりふまえているので
話に入り込む枠組みが一瞬で示される。

本当に最初の一瞬ですべて明示される。
これはたぶんビジネスにも応用できると思う。

さっそく昔話のスタートをみてみると

「むかしむかし(when)あるところに(where)
 おじいさんとおばあさんが(who)暮らしていました(what)」

ここで、すでに4Wが示されている。早い。
物語として「お話」するとき、なんと、最初の息継ぎまでに
ここまでもの情報を示している。早い。

そして2フレーズ目。

「おじいさんは山へ柴刈りに(why/how)
 おばあさんは川へ洗濯に(why/how)行きました」

これで5W1Hが完了する。
なんと、息継ぎほんの2回で5W1Hが完了する。

迅速、簡潔、明瞭このうえない。

これはビジネス向けの話法でもプレゼンでも
たぶん役に立つスキルだろうと思う。おそらく。きっと。

いちおう5W1Hを説明しておくと
when(いつ)
where(どこで)
who(だれが)
what(なにを)
why(なぜ)
how(どのように)
の頭文字をとった言い方で、説明の際に意識すると
わかりやすくなると言われている。

「竹取物語」でも
「今となっては昔の話だけど、竹取のオキナというおじいさんがいてさ、
 竹をとりながらいろいろと使って暮らしていたんだよね」
という部分で示されている。

そして昔話における5W1Hのさらにすごいところは
何といっても「実はほとんど何も言っていない」というところだ。
情報としてはかなり薄い5W1Hである。
それが逆に「汎用性の高さ」をもっているので、すごい。

「むかしむかし」→いつでもOK
「あるところに」→どこでもOK
「おじいさんとおばあさん」→だれでもOK
「暮らしていました」→何をしていてもOK
「柴刈り/洗濯」→ほかの生活手段や方法でもOK

ということで、どこの地域の物語としても通用する。

だからこそ、いろいろな場所で
「自分の土地、自分の先祖、自分にどこか関わりのある話」
として多くの人に語り継がれてきたのだろうと思う。
しかもその「汎用性の高さ」を活かして
土地や時代に合わせて形を変えながら。

いや本当はむしろ、さまざまな土地の固有の物語が
集積されていくうちに、固有名詞が、汎用性の…

蛍の季節

蛍の季節になった。
ふと村上春樹の「蛍」という小説を思い出した。
何だかモノ悲しい話だった気がする。

久しぶりに読んでみようかと思う。
いや今はまだ違うんじゃないかとも思う。

心が物語を欲している。
たぶん僕は何かに少しずつ、
傷ついているのかもしれない。
もしかしたら。
ぼんやりと。夜を眺める。暗闇が優しい。

2018.6.13 him&any

©︎2018 him&any

僕がその曲と出会うのは

僕がその曲と出会うのはいつだろうか
自分の中から生み出す曲だけど
どこからか導かれるように生まれる曲
いつか試行錯誤の中でその曲に出会う気がするから
だからまだ続けていくべきだと心の中で声がするから
そのうちまたどこかでそれを始めてしまう気がする
そして彼女が歌うあの曲のように
彼が出会ったあの歌のように
彼らが描く音楽のように

僕がその曲と出会うのは

2018.6.5 him&any

©2018 him&any