Translate

蛍の季節

蛍の季節になった。
ふと村上春樹の「蛍」という小説を思い出した。
何だかモノ悲しい話だった気がする。

久しぶりに読んでみようかと思う。
いや今はまだ違うんじゃないかとも思う。

心が物語を欲している。
たぶん僕は何かに少しずつ、
傷ついているのかもしれない。
もしかしたら。
ぼんやりと。夜を眺める。暗闇が優しい。

2018.6.13 him&any

©︎2018 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H