スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

ひとつに溶け込んでいて

誰というわけではなく 無数のやさしさの 記憶が
ひとつに溶け込んでいて
私の感情が袖を通す 洋服のような 輪郭になっている
あなたのことを思い出しながら たくさんの場面の私が あなたの隣にいる私の姿が
ひとつに溶け落ちて
涙を流す水色の洋服の重みに したたりおちる 輪郭になって泣いている
それも私 それもそれも私
私の中の私 誰かといるときの私 あなたと一緒にいたときの私
それも私 それもそれも私
2017.12.29 him&any
©2017 him&any 

その光に向かって

光に向かって
眩しそうに進むあなたが
僕にとって
何よりも眩しい

あたたかい光の中を
冷たい光の中を
踏みだすあなたが
眩しい

悲しみも不安も
風のように纏う
その背中を見つめながら

進もう

追い越したり
追い越されたりしながら
ずっと進もう

その光に向かって

未来は
輝いている

大丈夫

未来は
輝いている




2017.12.27 him&any


©︎2017 him&any


光に向かって

光に向かって

眩しそうにしているあなたが

僕には

何よりも眩しい






2017.12.26 him&any

©︎2017 him&any


不都合なことや嫌な出来事から目には見えない幸福を想像する。

不都合なことや嫌な出来事から目には見えない幸福を想像する。
ということを思った。

昨日は車の運転をしながら信号待ちが多くて。
そこでふと思った。

信号待ちが多くて嫌だけど
実はそのおかげで何か焦っていることを
落ち着かせてくれているんじゃないか
と。

あるいはもしかしたら
ここで信号待ちをしたことによって
例えばどこかの曲がり角から飛び出してくる車と
鉢合わせることなく
無事に事が進んでいるんじゃないか
と。

無事に続く日は
当たり前に帰宅して
いつも通り
当たり前の時が過ぎて
ありきたりの1日が続いていく

でもそれはね
何もアクシデントがないから
ありきたりの1日なの。

無事につつがなく終わったということは
問題もなく
うまくいって成功だった
ってことなの。

それは目立たないことだけど。

ありきたりの1日は
大成功の1日なの。

目には見えない幸福は
当たり前の中に
ベールで包まれているの。

それが見えないことが幸せなことなの。
でも見えないから忘れてしまう。
大事にしなくなってしまう。

だからときどき
裏返しの
不都合なことや嫌なことっていう形で現れる

その目に見えたことから
目には見えない幸福を想像する。



2017.12.16 him&any

©︎2017 him&any

逃げる場所は

逃げる場所は
誰もいないところがいい

早く 早く

僕はそこで涙を
流していたいだけなんだ

逃げる場所は
誰もいないところがいい

人ごみの中がいい

街の中 網の目の中
暗い暗い 人ごみの中がいい

そこなら
いる人は皆 いないじゃないか

あるものは全て ないじゃないか

僕はそこで涙を
流していたいだけなんだ

誰もいない人ごみの中へ

走って 走って

早く 早く

苦しい心を 胸の中の痛みを
服の上からつかみながら

走って 走って

逃げよう 誰も いない沈黙の中へ

音楽で耳を 塞いでしまおう
誰もいない音楽の中へ 塞いでしまおう

僕はそこで涙を
流していたいだけなんだ

誰もいない 冷たい人ごみの


2017.12.8 him&any


©2017 him&any

チャレンジ

チャレンジすることは
大事なことだ

そして何より 楽しい

自分で挑んだチャレンジだから
困難も 楽しい

ぎゅーっと息をつめるような 集中

ぎりぎりと身を引き締めるような 緊張

すべてが 何かに 繋がるようで
楽しい

ロールプレイングゲームで
じりじりとレベルをあげていくように
じわじわとコインを貯めていくように
楽しい

自分で挑んだチャレンジならば
つらいことも 楽しい

自分で選んだという口実のもとに
不条理に理不尽に強制されるチャレンジは
楽しくない

自分で挑んだチャレンジならば
何もかも 楽しい



2017.12.4 him&any

©︎2017 him&any


嫌なことがあるとそれがプラスになると考える。別に教訓とか成長とかそういう意味ではなく。

嫌なことがあった時
それがプラスになると考えるようにしている。


別に嫌なことが教訓になるとか
学ぶことがあるとかそういうことではない。


人生においてマイナスにはならないとか
嫌なことで成長するとかいうことでもない。


いろいろな経験は教訓にも成長にも役立つと思うけれど
ここで言いたいのはそれではない。


嫌なことは嫌なことだ。
それは変わらない。


プラスになるというのは
反動みたいなことだ。


なぜかは知らないけれど
生きている中で必ず波のようなものがある。


反動のようなものがある。
振り子のように。


メトロノームのように。波のように。
右から左に。下から上に。


嫌なことがあると
どんな反動があるのだろうと考える。


嫌なことが
反動のきっかけだと考える。


嫌なことが深いほど
反動の高みを楽しみにする。


嫌なことが長いほど
反動の長さを楽しみにする。


ここで最も大事なことは
良いことや嬉しいことや幸せやラッキーの反動は


決して考えないことだ。



2017.12.1 him&any

©︎2017 him&any