スキップしてメイン コンテンツに移動

・Google翻訳ボタンについての注記 【Notes on Google Translate Button】

・Googleの誇る翻訳機能をこのボタンで使用できます(PC版のみ)。好みの言語でどうぞ。ブログの筆者は日本語しか分からないので、翻訳の結果が、その言語においてどのような意味の文章になるのかまでは、分かりません。

・Google翻訳のボタンは、Googleによる機械的な翻訳を実行する機能であり、Googleが運営している機能です。Googleによる機械的な翻訳は、日本語の原文によるhim&any blog(以下、このブログと表記)全体を任意の言語に翻訳します。翻訳プログラムの規則に則った機械的な翻訳のため、その翻訳において特定の人為的な意図は一切存在しません。

・Google翻訳のボタンによる機械的な翻訳においては、このブログの筆者であるhim&any(以下、このブログの筆者と表記)のいかなる意図も介在しません。

・Google翻訳のボタンによる機械的な翻訳によって表示される翻訳後の文章内容に対し、このブログの筆者は一切の責任を負いません。

・Google翻訳のボタンによる機械的な翻訳後の文章は、このブログの筆者の記述した日本語による原文と大きく文意が異なる場合があります。このブログの筆者はGoogleの翻訳内容に対して関与することができないため、文意の違いに関してもこのブログの筆者は一切の責任を負いません。

・このブログの筆者は、より多くの言語圏の読者にこのブログを読んでもらうための手段のひとつとして、Google翻訳のボタンをブログ内に設置しています。また、機械的翻訳の技術力の検証材料としての使用も期待して設置しています。さらに、機械的翻訳による人智の及ばない偶発的な誤変換を、言葉の上での表現変化の面白みとしてとらえることができる場合、今後の創作活動の糧とすることができるのではないかと期待して設置しています。

・このブログ内のGoogle翻訳ボタンの利用については、上記の内容について理解、了承の上で利用していただくものとします。

・Google翻訳ボタンの使い方
 1、ボタンをクリックします
 2、翻訳可能な言語が一覧となって表示されます
 3、任意の言語をクリックします
 4、ブログ全体が選択した言語に翻訳されます
 5、翻訳を解除するにはブログ上部の「原文を表示」ボタンをクリックします

・Google翻訳ボタンがモバイル版の画面に表示されるのかどうか、本日現在、ブログの筆者は確認できていません。モバイル版の画面表示に関しても、Googleサイトのプログラムによる結果のため、ブログの筆者は一切の責任を負いません。

・その他ブログ内の機能面での不具合等についてもブログの筆者は一切の責任を負いません。このブログの筆者による投稿における日本語による原文において、誤字脱字の他、表現上の問題がある場合は、コメント欄等を利用してお知らせください。該当箇所の確認後、訂正および削除をもって問題解消に対する対応とさせていただきます。

2017.2.8 him&any

©2017 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

タガがはずれる・ハメをはずす・ハネをのばす 比較

◆前置き
 自由詩「夢の中の配役」の中で、「理性のタガがはずれる」という言い方をしたときに、同時に浮かんだ3つの表現について比較してみます。

 3つの表現とは、タガがはずれる、ハメをはずす、ハネをのばす、です。

 あくまでも個人の感想です。語源の検証や、用例の正確さを保証する内容ではありません。あくまでも個人の感想ですので、例えばテストで、この3つの表現について意見を述べよ、という問題が出て、このブログを参考に答案を書いて、不正解だったとしても、責任は負えません。先生に、him&anyのブログにそう書いてあったのに、と言ってもおそらく効果はありません。むしろ逆効果かもしれません。ご注意ください。


◆タガがはずれる
 漢字だと、箍が外れる、と書くようです。こんな漢字だとは知りませんでした。日本語を勉強中の皆さん、この漢字を知らなくても、少なくとも数十年は問題なく日本で生活できることが今ここで証明されたので、ご安心ください。

 意味は、しめつけや枠組みがなくなることのようです。ひつじ牧場の、囲いの柵がなくなるようなイメージですね。ひつじ達はどこにでも行くことができます。

 理性のタガがはずれる、ということは、理性によるしめつけや枠組みがなくなる、ということです。理性にしめつけられているのは本能ですね。本能が自由に振る舞うことができる、という意味になります。

 本能が自由に振る舞うということは、つまり、自然、ということでしょうか。いわゆる社会的規範や常識的行動、あるいは公序良俗といったものにとらわれない、ということになります。

 「あいつはタガがはずれちゃったんだよ」なんて言うときは、何かの原因があって、振る舞いに良識を感じられなくなる、という意味になります。

 でも、人間の「自然」って、本能が自由に振る舞うだけではない気がします。本能もあり、理性もあるというのが現在の人間の脳の構造であるなら、どちらも有効に機能できている状態が、自然、なのかもしれません。


◆ハメをはずす
  漢字だと、羽目を外す、と書くようです。ただ、もともとは「馬銜」と書いたようです。「馬銜」というのは、馬の口に噛ませて馬の動きを制御するものだそうです。「馬銜」は「ハミ」とも「ハメ」とも読むそうです。そこから、「羽目」の漢字をあてることになったそうです。

 もともとの「馬を制御する」という意味から分かるように「羽目を…

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

「TuneCore Japan」 で 「LinkCore」 というサービスが始まった。

「LinkCore」とは
TuneCore Japanから配信しているリリースについて
すべての配信先をひとまとめにリンクしたサービス、ということだ。

詳細はこちら→ LinkCore

実際のLinkCoreの画面は
上にシェアボタンと曲のジャケットがあり
その下に配信されているサービスへのリンクが並んでいる。

とても見やすい。

これは確かにとても便利だ。
これまでは個々の配信先のリンクをツイッターに載せたりしていたが

この「LinkCore」を使うと
いちどにすべての配信先を紹介することができる。

このサービスの何がすごいかというと
「こういう機能があったらいいのになあ、と明確には
意識していなかったものの、無意識に何となく求めていたものを
サービスとして具現化したところ」
だと思う。

実際、このサービスがなくても、TuneCoreの中の
アーティストページのURLを貼っておけば、
そこから、各配信楽曲の配信先のサイトのロゴをクリックすることで
配信先に飛ぶことはできた。

しかしながら、「LinkCore」という「サービス」として
機能させることで、「聴いてもらうための作業」の中の
ワンステップの簡略化に成功していると思う。

配信する側としては「シェアする」のボタンひとつでシェアができる。
宣伝が楽になる。これは確かに簡略化だろうと思う。

聴く側としては、シェアされた画面の中から自分が利用している
音楽サービスを選択することで聴くことができる。
これもナイスアイデアだと思う。

とはいえ、
「LinkCore」と「アーティストページのURL貼り付け」では
聴く側の作業回数自体は実は変わっておらず、
「アドレスをクリック」→「音楽サービスへのリンクをクリック」
という2回の作業が必要になる。

(あれ?簡略化してないじゃない?)

(と、今、思ったので、もう少し理屈を述べることにする。)


「アドレスをクリック」した際に目にする画面で
「ああ、このリンクをクリックすれば聴けるんだな」
という理解という点で「LinkCore」のほうが直感的に分かりやすい。

しかも「シェアする」ボタンも見えやすいので
聴いた人が気に入ったら、さらにそれをすぐにシェアしやすい。

この「分かりやすさ」が
「…

him&any 恋がふりつもる夜 歌詞

それはまるで おとぎ話のような
やわらかく光る風に 包まれて静寂あふれる夜

あきらめてひとり 歩く夜の足もと ぽつり
見上げるとまるで夢の ような景色が あふれたんだ

そう それは降り落ちる恋の 見える夜
あちらこちらに 切ない うれしいが
今はもう 三日月も星座も見えないけれど

こんな

恋がふりつもる夜 あなたはまぶたをふせて
恋がふりつもる夜 あなたは何を悲しむの
胸の奥に 深く閉じ込めて

うつむいた横顔 ここには もう いないから
手をのばさなくていい 触れそうなそばで届かなかった

そう それは心の飽和した夜
あふれた痛みが 洗い流し 透き通る
その弱さも やさしさも 鮮やかに浮かぶような

こんな

恋がふりつもる夜 寄り添う傘 遠く揺れて
恋がふりつもる夜 それは たぶんそのままでいいと
声にならない 歌かすれたまま

揺れる不安と希望に 惑いつまずいて
塞がる世界で甘い哀しい夢を見ていた
聞こえない 見えないような 平気さを装って
可能性の残像 それは そっとそのままにして
風を見送って 星の輝くほうへ



him&any 2018.12.15

©2018 him&any


僕は失意の中で

音楽の中に沈んでいるのだった
僕は失意の中で
それを聴くのだった
忘れていた
それは僕じゃなくて
やさしい風だった
それは僕じゃなくて
忘れていた
僕は失意の中で
音楽に沈んでいるのだった
それは僕じゃなくて
あたたかい声だった
その何かも届かないところで
沈み込んで冷たく固まっている
魂だからこそ
聴こえるのだった
僕は失意の中でいつもずっと
それは僕じゃなくて

CPUとメモリ(RAM)とHDDの関係は、脳神経と海馬と脳全体の関係に似ている

タイトルの通りです。思い付きです。
別に学術的な考察や実験や理論などはありません。

でも、なんとなく、そんな感じがしませんか?

【パソコン】

入力

CPUで処理
一時的にメモリ(RAM)を使用

必要なものはHDDで長期記録


【人】

刺激

脳神経を使って処理
海馬に一時的に記憶

必要なものは脳全体で記憶
(主に大脳新皮質なのかな)


この類似性って
とても不思議な感じがしませんか
僕は興味を惹かれます。

パソコンを作っている人たちが
人間の記憶方法をモデルにパソコンを作っているのか。

あるいは、無意識のうちに
人間の記憶システムをモデルにしていて
そして、いつのまにか
人間の記憶方法と同じようなシステムを
構築してしまったのか。

とても興味を惹かれます。

最近はHDDではなくSSDをメインの記憶媒体として
使用するパソコンも増えてきました。

SSDはフラッシュメモリなどと
同じような仕組みらしいので
海馬に近いのでしょうか。

HDDに書き込みをしないぶんだけ
処理時間が速くなるようです。

これって、今の人間の記憶方法にも
似ている気がしませんか?

昔は、きちんと自分で暗唱できるくらい
文章や語句の意味などを読んだり書いたりして覚えたものです。
ようするにHDDに一生懸命書きこんでいたわけです。

でも最近はスマホやパソコンで調べられるから
あまりきっちり覚えこまなくてもいい。

覚えこむことに時間をとらずに
サクサクと調べて処理して次に進むほうがスムーズ。
記録するならパソコンに入れておけばいい。
音声でもPDFでも。
なんならメモしたものがそのままクラウドに保存できて
さらにそのまま共有できて更新できますね。

そんな処理方法に変わってきている気がします。

これってつまり、
海馬部分だけ(比較的短い記憶だけ)を活用して
脳全体の記憶はデジタルに任せている

SSDだけを活用して
必要な記憶はHDDや外付け媒体などに任せている
というのと
似ている気がしませんか。

そういう感じの類似性に
何となく、興味を惹かれました。

him&anyの2018年最初のブログ記事でした。
今年もよろしくお願いいたします。

2018.1.24 him&any


©2018 him&any

覚え書き

いつだってその外側に身をおいているようにするんだよ



そうつぶやいて




風に溶けて







(覚え書き)




2018.12.17 him&any




©︎2018 him&any

Love is sadness 恋は悲しさです

なぜ先日から
「恋は悲しさ」とか
「恋しいと悲しいは似ている」とか
言っているかというと

「恋」と「悲しい」という
一見すると(喜び)←→(悲しみ)の両端にいるような
言葉が
とても似ているということに
気が付いたからです。

なにか面白いものがあると
「ねぇ、聞いて聞いて」と言う子どものように
自分の発見を伝えたいのです。

発見とはつまり

おそらく「恋」は「悲しみ」に含まれます。

ということです。


図で示すと


 ーーーー悲しみーーーーーー
|             |
|             |
|     ---恋ーーーーーー
|    |          |
|    |          |
|     ----------
ーーーーーーーーーーーーーー|


こんな感じかと
思います。


多少はみだしているのは、
やはり「悲しみの中におさまらない恋」も
あるのではないかという
…保険です。

「恋」というのは
「遠く手に届いていないものへのあこがれ」
だと思います。
だから「愛」とは違うと思います。

「恋人同士」
として手をつないでいても
「その手はいつ離れてしまうかもしれない」
「あなたは違うことを思っているかもしれない」
という「距離感」がありますよね。

たぶん。

だから「恋」だと思うのです。

「もう夫婦を10年もやってますよー」
というふたりは
「距離感も含めて相手と自分の場所ができている」から
「手に届かないもの」ではなくて「愛情」が
生まれているのではないかと思います。

ぜんぶ想像ですが。


ということで「恋は悲しみの一部である」という発見をもとに

「恋は悲しさです」「Love is sadness」

という発見の報告でした。


2018.12.13 him&any


©2018 him&any