スキップしてメイン コンテンツに移動

悲と恋 漢字の由来や成り立ち そして意味のつながり そして自分の曲

悲しい と 恋しい

漢字を見ていて何となく似ているなあと
思いました。

下の「心」が同じというだけですが。

成り立ちを調べると

「悲しい」の「非」のところは

・羽を広げた形=左右に分かれる とか
・互いに背を向けた人=左右に分かれる とか

そういう意味があるようです。

それで左右に分かれる心で悲しい
ってことみたいですね。

「恋しい」の「亦」のところは
旧字の「戀」でみると「糸+言+糸」だそうです。

・糸が絡まったような様子 とか
・糸を引きあうような様子 とか

そういう意味があるそうです。

ということで絡まるように引き合う心で恋しい
っていうことになるんでしょうね。

悲は「左右に分かれる」
恋が「引き合い、絡まる」

ということで成り立ちや由来からすると
正反対なんですね。

もちろん、意味も「悲しい」と「恋しい」は
反対な気がしますが、

でも、意味は似ている気がしませんか。

僕は似ている気がします。

恋をすると悲しいとか、
悲しみは恋があればこそ、みたいなところないですか。

感情としてもとても似ている気がするんですね。

だから日本語でいう「愛」と「恋」は
決定的に違う気がします。
(英語ではたぶんどちらも「LOVE」だと思います)

恋とはたぶん悲しいものなんです。

なぜなら「恋をしている」というのは
基本的に相手と「離れている」からです。

「恋人」だって結婚している人ではないので
そのふたりは、まだ離れているわけです。法律的にも。

それに「恋しく思う」のは
その対象が自分から離れているからこそ
「恋しく」感じるのではないかなと思います。

ずっとそばにいて、深いつながりを感じられている状態は
もう「恋」とは呼ばない気がします。

だからこそ「恋」は手に届かなくて遠くにあって
だからこそ綺麗にみえるものなのではないでしょうか。
それはそれで「恋」の良さなんだと思います。

ということで、ツイッターに書いた短詩「悲恋」

「なぜ悲しいのですか」
「まだ恋しいからです」

ということで成り立ちや由来は反対だけど
意味としては反対ではなくつながりがあるような気がする
「悲しい」と「恋しい」についての考察でした。

him&anyの曲「そっと星の色を」の歌詞も
Aメロで「行き場のない悲しみは 心の中に 残って」
と歌っていて
サビで「さよならも言わないまま また会おうねって つぶやいてみる」
と歌っているように
恋があってこその悲しみというか
悲しみがあってこその恋というところを歌っています。

19秒 YouTube「そっと星の色を」him&any↓



2018.12.7 him&any

©2018 him&any




コメント

このブログの人気の投稿

チャレンジ

チャレンジすることは 大事なことだ そして何より 楽しい 自分で挑んだチャレンジだから 困難も 楽しい ぎゅーっと息をつめるような 集中 ぎりぎりと身を引き締めるような 緊張 すべてが 何かに 繋がるようで 楽しい ロールプレイングゲームで じりじりとレベルをあげていくように じわじわとコインを貯めていくように 楽しい 自分で挑んだチャレンジならば つらいことも 楽しい 自分で選んだという口実のもとに 不条理に理不尽に強制されるチャレンジは 楽しくない 自分で挑んだチャレンジならば 何もかも 楽しい 2017.12.4 him&any ©︎2017 him&any

欲と苦しみ

ツイッターの投稿をしながら考えたことです まず、該当のツイッターの投稿を5つ並べます T:欲があるから苦しみが生じるのだ、という仏教の言葉を思い出しました。ブログの検索アップ対策とか、ツイッター検索への表示とか、そういう欲があるから「何をしても改善されない」という苦しみを生むのでしょうね。 T:その仏教の言葉を実践して、不必要な「欲」がなくなれば、あるがままに、淡々と、ブログを更新し、ぼつぼつとツイートをつぶやく生活ができるのでしょう。きっと。 T:では、そういう苦しみの元になる「欲」を断つにはどうすればいいか。まずその「欲」を増幅させることにつながる「ブログをはじめるにはこの設定は必須」とか「ツイッターの便利機能はこれ」というようなサイトを見ないようにしようと思う(あくまでも個人の感想です)。 T:そういう「便利さ」を最初から知らなければ、「いいなー」と思うこともないし、「いいなー」と思わなければ、「自分もそうしたい」という「欲」もでなくなるから、結果、その「欲が叶わないという苦しみ」はなくなるはず(あくまでも個人の感想です)。 T:ただ、「ブログではこういう設定をしておこう」とか「ツイッターにはこんな便利機能があります」という記述は、bloggerやTwitterの「ヘルプ」にも書かれていることなので、結果、「ヘルプ」も見ないほうがいいか。ということになるのでしょう(あくまでも個人の感想です)。 つまり 「便利さ・お得」→「欲」→「叶わない」→「苦しみ・悲しみ」 ということです。 そのいちばん元になっているのは「便利さ・お得」といった情報です。 それがなければ「欲」が増幅することもない。 だから「便利さ・お得」という情報に触れるのはほどほどにしよう ということなのです。 が、しかし、じゃあ「便利さ・お得」になぜ心がひっかかるのか それは、さらにその奥に「欲」があるからです。 「ブログで人に自分の意見を主張したい」とか 「SNSを通じて認められたい」とか そういう欲求です。 本来の目的はそうじゃなかっただろう! ということをきちんと自分に言い聞かせないと すぐに「欲」にとらわれてしまいますね。 しかしながら、その「欲」を巧みにつかんで 「欲」を「必然」に置き換えて他者に

ごめん

ごめん ごめんねって 取消しができればいいのに ごめんねって なかったことに できればいいのに 壁に残った傷あとだけが 鋭利な記憶で 責めるよ ごめん ごめんね いつかその傷は かえってくるから そのままにしておいて いつかその傷を 証のように かかげるのかな ごめん ごめんね とりかえしは つかないよね 謝ることさえ できないよね 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

誰? それは 誰? 冷たい 圧倒的な 夜 誰の夢を 誰の恋を そこに 爪痕が 残るような 涙が それは 誰の 誰が 2017.1.31 him&any ©️2017 him&any

違い

立場が違えば 見えるものは違うし 感じることも違う 立場 以前に 別の個人と個人なんだから 見えるものは違うし 感じることも違う 他の人が見えないことも気づかないことも あるよ 自分だけが見えていない気づいていないことも あるよ それが争いのもとや 傷つくもとになってしまうのは もったいない と思う そんなところで 責めたり責められたりするなんて 悲しい と思う せっかくの違いを 機会にして チャンスにして 大切にして 争いじゃなく 共有して 補いあって 昇華できればいいのに 昇華してもっとよくなって いけばいいのに そうやってうまくいけばいいのに 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

違い 2

ああ でも 自分が気がつかないせいで 誰かが 傷ついていることも あるか それはもったいないなんて 言ってられないな 責めたり責められたり するな 気がつかないままでいることで 誰かが何かを背負うなら 気がつかないままでいることそのものが 誰かへの刃になってしまうね そんな刃を振りかざして 振りかざして 手触りのいいことばっかり 言っていてもさ ねえ 本当に気がつかないの? 本当に 気がつかないだけなの? 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any