スキップしてメイン コンテンツに移動

タガがはずれる・ハメをはずす・ハネをのばす 比較

◆前置き


 自由詩「夢の中の配役」の中で、「理性のタガがはずれる」という言い方をしたときに、同時に浮かんだ3つの表現について比較してみます。

 3つの表現とは、タガがはずれる、ハメをはずす、ハネをのばす、です。

 あくまでも個人の感想です。語源の検証や、用例の正確さを保証する内容ではありません。あくまでも個人の感想ですので、例えばテストで、この3つの表現について意見を述べよ、という問題が出て、このブログを参考に答案を書いて、不正解だったとしても、責任は負えません。先生に、him&anyのブログにそう書いてあったのに、と言ってもおそらく効果はありません。むしろ逆効果かもしれません。ご注意ください。


◆タガがはずれる


 漢字だと、箍が外れる、と書くようです。こんな漢字だとは知りませんでした。日本語を勉強中の皆さん、この漢字を知らなくても、少なくとも数十年は問題なく日本で生活できることが今ここで証明されたので、ご安心ください。

 意味は、しめつけや枠組みがなくなることのようです。ひつじ牧場の、囲いの柵がなくなるようなイメージですね。ひつじ達はどこにでも行くことができます。

 理性のタガがはずれる、ということは、理性によるしめつけや枠組みがなくなる、ということです。理性にしめつけられているのは本能ですね。本能が自由に振る舞うことができる、という意味になります。

 本能が自由に振る舞うということは、つまり、自然、ということでしょうか。いわゆる社会的規範や常識的行動、あるいは公序良俗といったものにとらわれない、ということになります。

 「あいつはタガがはずれちゃったんだよ」なんて言うときは、何かの原因があって、振る舞いに良識を感じられなくなる、という意味になります。

 でも、人間の「自然」って、本能が自由に振る舞うだけではない気がします。本能もあり、理性もあるというのが現在の人間の脳の構造であるなら、どちらも有効に機能できている状態が、自然、なのかもしれません。


◆ハメをはずす


  漢字だと、羽目を外す、と書くようです。ただ、もともとは「馬銜」と書いたようです。「馬銜」というのは、馬の口に噛ませて馬の動きを制御するものだそうです。「馬銜」は「ハミ」とも「ハメ」とも読むそうです。そこから、「羽目」の漢字をあてることになったそうです。

 もともとの「馬を制御する」という意味から分かるように「羽目を外す」というのは、制御が効かなくなる、という意味なので、タガがはずれる、とかなり近い意味に感じます。

 ただ、「羽目を外す」という漢字の方が、個人的に、この言葉のイメージに合うような気がします。羽根がはえちゃって、ふわーっと、気持ちよく浮かび上がってしまって、それが限度を越えて、何か失敗をしちゃう、というイメージが「羽目を外す」という漢字から想像することができます。

 「いいか、羽目を外すなよ」という言い方は、いいことがあったからって調子に乗って失敗するなよ、というニュアンスになります。学校の先生に「夏休みだからって、羽目を外すなよ」と言われるのも、そういうニュアンスです。「タガが外れる」だと、調子のいい悪いにかかわらず、何か致命的に、規制がかからない状態になるようなイメージでしょうか。

 羽目を外す、というのはけっこう緩やかな場面で使う気がします。タガが外れる、の方があまり緩さがない気がします。


◆ハネをのばす


 羽根をのばす、という漢字です。漢字のとおりですが、鳥が羽をのばして飛ぶように、自由にのびのびと振る舞う、という意味です。ただ、鳥が羽を伸ばして飛ぶのは、鳥の主観においては別に自由にのびのびしているわけじゃないんだよ、と、鳥の側から意見があるかもしれませんね。ただそれは生まれつきの機能だから、そうなっているものなんだよ、と鳥は言うかもしれません。

 ちょっと話がそれますが、鳥と魚は人間よりも3次元の認識に優れているそうです。確かに人間は基本的には縦と横(つまり、前後と左右)を行動の基本としていますね。鳥や魚はそれに加えて高さ(上と下)の認識を常に行っている、ということのようです。上や下から天敵が来るかもしれないし、下から来たら上に逃げるとか、右斜め上に逃げるとか、そういう行動をとるから、3次元(3D)の認識力が高いのかもしれませんね。

 さらに話がそれますが、3次元の次は4次元です。4次元というのは縦、横、高さに加えて時間が入るようですが、突然、時間って入るのが前々から疑問でした。いきなり話題が変わるというか、概念が違う気がするのですが、物理学のほうから見ると、そうでもないのでしょうか。1次元に住む生き物には2次元は理解できないそうです。人間は3次元に住んでいるので、残念ながら4次元は理解できません。鳥や魚は、3次元についてすぐれた認識力を持っているそうなので、もしかしたら、4次元を理解する素質も人間より高いのかもしれませんね。

 話を戻します。羽根を伸ばす、というのはのびのびと振る舞う、という意味なので、とても自由でポジティブなイメージですね。ハメをはずす、だと抑えがきかずに失敗するというようなネガティブな表現ですが、羽根を伸ばす、というのは気分が明るくなるような意味の自由さ、というポジティブなイメージです。

 ただし、「羽根を伸ばしすぎるなよ」というと、自由にやりすぎるなよ、という意味になります。海外に旅行に行って、羽根を伸ばすのは良いですが、羽根を伸ばしすぎて、限度を越えるような振る舞いをすると、「あいつは海外で羽目をはずした」と言われます。帰国してもそのまま羽目を外していると、「あいつは海外に行ったせいでタガがはずれた」と言われることになります。


◆まとめ


 ということで、パッと見、似たような言葉ですが、だいぶ意味が違いますね。「夢の中の配役」では、「理性の」という言葉をつけたかったので、いちばん合いそうな「タガがはずれる」という言葉を使いました。

 言葉って本当におもしろいですね。


2017.3.12 him&any


©2017 him&any


 

コメント

このブログの人気の投稿

チャレンジ

チャレンジすることは 大事なことだ そして何より 楽しい 自分で挑んだチャレンジだから 困難も 楽しい ぎゅーっと息をつめるような 集中 ぎりぎりと身を引き締めるような 緊張 すべてが 何かに 繋がるようで 楽しい ロールプレイングゲームで じりじりとレベルをあげていくように じわじわとコインを貯めていくように 楽しい 自分で挑んだチャレンジならば つらいことも 楽しい 自分で選んだという口実のもとに 不条理に理不尽に強制されるチャレンジは 楽しくない 自分で挑んだチャレンジならば 何もかも 楽しい 2017.12.4 him&any ©︎2017 him&any

欲と苦しみ

ツイッターの投稿をしながら考えたことです まず、該当のツイッターの投稿を5つ並べます T:欲があるから苦しみが生じるのだ、という仏教の言葉を思い出しました。ブログの検索アップ対策とか、ツイッター検索への表示とか、そういう欲があるから「何をしても改善されない」という苦しみを生むのでしょうね。 T:その仏教の言葉を実践して、不必要な「欲」がなくなれば、あるがままに、淡々と、ブログを更新し、ぼつぼつとツイートをつぶやく生活ができるのでしょう。きっと。 T:では、そういう苦しみの元になる「欲」を断つにはどうすればいいか。まずその「欲」を増幅させることにつながる「ブログをはじめるにはこの設定は必須」とか「ツイッターの便利機能はこれ」というようなサイトを見ないようにしようと思う(あくまでも個人の感想です)。 T:そういう「便利さ」を最初から知らなければ、「いいなー」と思うこともないし、「いいなー」と思わなければ、「自分もそうしたい」という「欲」もでなくなるから、結果、その「欲が叶わないという苦しみ」はなくなるはず(あくまでも個人の感想です)。 T:ただ、「ブログではこういう設定をしておこう」とか「ツイッターにはこんな便利機能があります」という記述は、bloggerやTwitterの「ヘルプ」にも書かれていることなので、結果、「ヘルプ」も見ないほうがいいか。ということになるのでしょう(あくまでも個人の感想です)。 つまり 「便利さ・お得」→「欲」→「叶わない」→「苦しみ・悲しみ」 ということです。 そのいちばん元になっているのは「便利さ・お得」といった情報です。 それがなければ「欲」が増幅することもない。 だから「便利さ・お得」という情報に触れるのはほどほどにしよう ということなのです。 が、しかし、じゃあ「便利さ・お得」になぜ心がひっかかるのか それは、さらにその奥に「欲」があるからです。 「ブログで人に自分の意見を主張したい」とか 「SNSを通じて認められたい」とか そういう欲求です。 本来の目的はそうじゃなかっただろう! ということをきちんと自分に言い聞かせないと すぐに「欲」にとらわれてしまいますね。 しかしながら、その「欲」を巧みにつかんで 「欲」を「必然」に置き換えて他者に

ごめん

ごめん ごめんねって 取消しができればいいのに ごめんねって なかったことに できればいいのに 壁に残った傷あとだけが 鋭利な記憶で 責めるよ ごめん ごめんね いつかその傷は かえってくるから そのままにしておいて いつかその傷を 証のように かかげるのかな ごめん ごめんね とりかえしは つかないよね 謝ることさえ できないよね 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

誰? それは 誰? 冷たい 圧倒的な 夜 誰の夢を 誰の恋を そこに 爪痕が 残るような 涙が それは 誰の 誰が 2017.1.31 him&any ©️2017 him&any

違い

立場が違えば 見えるものは違うし 感じることも違う 立場 以前に 別の個人と個人なんだから 見えるものは違うし 感じることも違う 他の人が見えないことも気づかないことも あるよ 自分だけが見えていない気づいていないことも あるよ それが争いのもとや 傷つくもとになってしまうのは もったいない と思う そんなところで 責めたり責められたりするなんて 悲しい と思う せっかくの違いを 機会にして チャンスにして 大切にして 争いじゃなく 共有して 補いあって 昇華できればいいのに 昇華してもっとよくなって いけばいいのに そうやってうまくいけばいいのに 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

違い 2

ああ でも 自分が気がつかないせいで 誰かが 傷ついていることも あるか それはもったいないなんて 言ってられないな 責めたり責められたり するな 気がつかないままでいることで 誰かが何かを背負うなら 気がつかないままでいることそのものが 誰かへの刃になってしまうね そんな刃を振りかざして 振りかざして 手触りのいいことばっかり 言っていてもさ ねえ 本当に気がつかないの? 本当に 気がつかないだけなの? 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any