スキップしてメイン コンテンツに移動

122 くちばしの天使



これは今のところ

him&anyのYouTubeで

最も新しいアップロード曲である

122 くちばしの天使』にまつわる

エピソードです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


「あのまるいチョコレートのふたをあけても」

「くちばしの天使はほほえんでくれないから」

という歌詞があります。

「くちばしの天使」は簡単には姿を見せてくれません。

大人になったからといって

3コ、5コとまとめ買いしてみても

微笑んではくれません。

そんな毎日を過ごしていたある日

ふと気がつきました。

自分のための努力をしていても

くちばしの天使には届かないのだ、と。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


それは、これ以上なく頑張った日、

へとへとになって、たどり着いたコンビニエンスストアで

何の気もなく、手に取った「あのまるいチョコレート」

フタをあけたら、くちばしの天使が微笑んでいました。

シルバーのオーラをまとった天使でした。

その日、頑張ったのは、自分のためじゃなく

自分を信頼して任せてくれた人のため。

売上も利益も忘れて心を使い果たした日。

くちばしの天使は、ふとあらわれて、微笑んでくれました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


そしてまた別の日。

そうならないように事前にできることを

すべてやって、やりつくして、挑んだはずだったのに

クレームもあり、アクシデントもあり、

疲労にくたびれた心と足をひきずって。

クレームの対処を終えて。

それでも、まだ消えないクレームもあって。

日の暮れた暗い国道沿い。

ヘッドライトがやけに眩しくて。

高架の上を走る電車は帰宅する人で満員で。

夜空の中を走る暖かい光のマフラーに見えた、

冬の夜。

もう。これでおしまいでもいいか。

と思った夜。

手に取った「まるいチョコレート」には

「くちばしの天使」がいました。

ゴールドの光をまとった「くちばしの天使」がいました。

微笑んでくれました。

その瞬間、体から力が抜けました。

たぶん、これで、間違ってはいなかったんだと。

今日の疲労は、今日の努力は、

たぶん、だれかのためになっていたんだよ、って

教えてくれた気がしました。

くちばしの天使のマネをして、口元だけで少し微笑んで、

疲労した瞼から涙がこぼれ落ちました。

その日から、思うのです。

「くちばしの天使は、全力のその先で、微笑んでいるから」と。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


あの日から、たくさんのくちばしを開きましたが、

天使はどこか遠くの空を飛びまわっているようです。

きっと、今は、努力が足りないんだろうな。


2017.3.14 him&any


©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

note と Twitter の比較

note と Twitter の比較について。 noteのコメント欄で考える機会をいただいたので noteを始めて間もない現時点での感想(?)というか比較を 考えてみました。 noteの圧倒的な特徴は そこに「作品全体」をそのままおくことができて その中で「販売」することもできる というところだと思います。 だからツイッターのように他のサイトへのリンクをはる必要がありません。 例えば作品の紹介や配布や販売をするために  YouTube や SoundCloud や pixiv や bandcamp や 自分のブログなどに リンクをはる必要がないわけですね。 noteの中で完結できる。 (※動画の場合はYouTubeかvimeoに配信が必要ですが、note内で再生が可能) その分、ひとつひとつの投稿に「作品」という(いい意味での)重みがあり 投稿されるまでにそれなりの時間がかかると思います。 一方、ツイッターの圧倒的な特徴は その身軽さと手軽さ、ユーザーの数と幅広さ そして拡散のしやすさ、だと思います。 拡散しやすいというのは 使い手の意識としてもそうですが、 リツイートや引用ツイートなど、とにかく誰かのツイートが 誰かにつながり、それが別の誰かに、というつながりが とてもうまく流れやすい機能を持っている というところが大きいと思います。 (たぶんそれを目指して運営側も工夫していると思います。) そして本当に「ひと言」くらいのつぶやきツイートも多いので 気軽に投稿しやすいですね。 ということで ある程度重みと分量のある「作品全体」を投稿する場合や その中で金銭的位置づけ、あるいは販売も行う場合にはnoteを活用し ライトな内容や短い内容で 気軽に発信したり誰かと共有したりする場合はTwitterを活用すると いいのではないでしょうか。 また、多くの人がすでにやっていますが、 Twitterで「作品ができた」という発信をしてnoteへのリンクをはり、 noteを訪問してもらって作品全体を見てもらったり販売したりする という連携もありますね。 あと個人的には、「noteでよかったこと」というか 「noteのよいところ」や「社会的な意義」という感じで思ったのですが

ごんぎつね 解釈

突然ですが、 『ごんぎつね』(新美南吉)の解釈をしてみました。 (個人的な想像をかなり含みます) 「『ごんぎつね』は「兵十」による「ごん」への哀悼の物語である。」 これが結論です。 そう思った理由は冒頭の一行です。 「これは、わたしが小さいときに村の茂平というおじいさんからきいたお話です」 この物語はこの文章から始まります。 つまり、この物語の「語り手」は「わたし」です。 「わたし」は「茂平というおじいさん」からこの話を聞き、 それを、読者に向かって語ります。 そのため、物語の中の言葉はすべて「わたし」の語っている言葉です。 兵十の言葉も、ごんの言葉も「わたし」の言葉です。 「小さいとき」に「茂平というおじいさん」からきいたお話を 大人になった「わたし」が語っているため、物語全体には「わたし」による 再構築も含まれることになります。 「わたし」が『もと』にしたお話しは「茂平というおじいさん」のお話しです。 では「茂平というおじいさん」がさらに『もと』にした話は誰が語ったのか? 「茂平」は誰からこの話を聞いたのか? これは本文にでてこないので分かりません。個人的には、 兵十や加平など「物語のリアルタイムの時間帯にいた人」から聞いたのだと推測します。 それでは、 「物語のリアルタイムの時間帯にいた人が茂平に語ったお話」 の原型をつくったのは誰か? それは「兵十」です。この物語を体験したのは唯一、兵十だけです。 兵十が誰かに自分の体験を物語ったのが発端となります。 時系列でまとめると、 兵十がごんとの出来事を体験する(きっかけ) ↓ 兵十が出来事の意味を考える(話の原型) ↓ その体験を誰かに話す(原型の完成、および「物語」化) ↓ 茂平というおじいさんがその話を聞く(茂平の物語となる) ↓ わたしが茂平からその話を聞く(わたしの物語となる) という流れです。 つまり、この物語の全ての元は、兵十です。 物語の中で、 兵十と加助が話をしているのをごんが聞いている、 という場面がありますが、 兵十は、「自分と加助が話をしているのをごんが聞いていた」 ということは知りません。 「ごんが実は葬式の場面を目撃した」ことも、 「ごんが何をどう思ったのか」も知りません。

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

「TuneCore Japan」 で 「LinkCore」 というサービスが始まった。 「LinkCore」とは TuneCore Japanから配信しているリリースについて すべての配信先をひとまとめにリンクしたサービス、ということだ。 詳細はこちら→ LinkCore 使い方としては アーティストのリリース画面の中で パソコンだと右の方に スマホやタブレットだと下の方に 灰色の枠で囲まれた「シェア」ボタンがある。 (大きさが少し小さいかも…?) この「シェア」ボタンをおすと 「LinkCore」の画面になる。 「LinkCoreの画面」は いちばんうえに曲のジャケットがあり その下に配信されているサービスへのリンクが並んでいる。 そしてその下のほうに アルバムなら楽曲の名前が並んでいて そしてその下のほうに 赤い枠で囲まれた 「このリリースをシェア」ボタンがある。 そこで「このリリースをシェア」ボタンをおすと そのままTwitterやLineで リリース情報をシェアすることができる画面になる。 (TwitterやLineにリンクを貼りつつ投稿することができる) あるいは、URLも表示されるので それをコピーしてどこかにはりつけてもよい。 あるいは、埋め込みコードも表示されるので それをコピーしてどこかに埋め込んでもよい。 そして これらのリンクをクリックした人は 上に書いた「LinkCoreの画面」を目にすることになる。 その中に並んでいる「配信サービス」の中から 自分の利用しているサービスを選ぶと そのままそのアーティストのその曲をそのサービスで 聴くことになる。 あるいは、曲を聴いた人がさらに 「このリリースをシェア」をクリックして 自分の友達などにTwitterやLineなどで拡散することもできる。 たとえば 「この曲いいよ、自分の使ってる音楽のアプリで聴いてごらん」 というふうに、拡散することができる。 自分と友達が別の配信サービスを使っていても 気にせずおススメすることができる。 これを繰り返してもらうと 拡散の連鎖で自分のリリースを多くの人に 聴いてもらうことができる。 この「LinkCoreの画面」はとても見やすい。 こ

タガがはずれる・ハメをはずす・ハネをのばす 比較

◆前置き  自由詩「夢の中の配役」の中で、「理性のタガがはずれる」という言い方をしたときに、同時に浮かんだ3つの表現について比較してみます。  3つの表現とは、タガがはずれる、ハメをはずす、ハネをのばす、です。  あくまでも個人の感想です。語源の検証や、用例の正確さを保証する内容ではありません。あくまでも個人の感想ですので、例えばテストで、この3つの表現について意見を述べよ、という問題が出て、このブログを参考に答案を書いて、不正解だったとしても、責任は負えません。先生に、him&anyのブログにそう書いてあったのに、と言ってもおそらく効果はありません。むしろ逆効果かもしれません。ご注意ください。 ◆タガがはずれる  漢字だと、箍が外れる、と書くようです。こんな漢字だとは知りませんでした。日本語を勉強中の皆さん、この漢字を知らなくても、少なくとも数十年は問題なく日本で生活できることが今ここで証明されたので、ご安心ください。  意味は、しめつけや枠組みがなくなることのようです。ひつじ牧場の、囲いの柵がなくなるようなイメージですね。ひつじ達はどこにでも行くことができます。  理性のタガがはずれる、ということは、理性によるしめつけや枠組みがなくなる、ということです。理性にしめつけられているのは本能ですね。本能が自由に振る舞うことができる、という意味になります。  本能が自由に振る舞うということは、つまり、自然、ということでしょうか。いわゆる社会的規範や常識的行動、あるいは公序良俗といったものにとらわれない、ということになります。  「あいつはタガがはずれちゃったんだよ」なんて言うときは、何かの原因があって、振る舞いに良識を感じられなくなる、という意味になります。  でも、人間の「自然」って、本能が自由に振る舞うだけではない気がします。本能もあり、理性もあるというのが現在の人間の脳の構造であるなら、どちらも有効に機能できている状態が、自然、なのかもしれません。 ◆ハメをはずす   漢字だと、羽目を外す、と書くようです。ただ、もともとは「馬銜」と書いたようです。「馬銜」というのは、馬の口に噛ませて馬の動きを制御するものだそうです。「馬銜」は「ハミ」とも「ハメ」とも読むそうです。そこから、「羽目」の漢字をあてること

タイムマシンで時間移動する時の宇宙と地球の位置と座標

地球は公転しているので タイムマシンで過去や未来へ行くと たどり着いた「同じ場所」は 地球が動いてしまっていて 宇宙の中に到着してしまうのではないか という記事をネットで見た これはつまり 走っている自転車で何かを落とした時に 落ちた「物」はだいぶ「後ろ」に落ちている というイメージだと思われる つまり 「時間」をジャンプしても 「空間」が同じ場所なので そこは地球ではない (地球はずっと先へ動いてしまっている) のではないか ということだ じゃあその未来や過去の時点で 地球が公転して到着する先を計算することはできる のではないかという意見もあった でも太陽系基準なら計算できるけど 銀河系も動いているし 宇宙全体も動いているのであれば 計算の基準になる軸を どこに定めればよいのだろうか という意見もあった みんなすごいことを考えるなあと思った 自分なりに考えてみると たぶん 電車の中で物を落としたら 自分の足元に落ちるように 電車の中でジャンプしても 電車の中の同じ場所に着地するように 地球上でタイムマシンを使って 「時間のジャンプ」をしても 地球上の同じ場所に着地するのではないか と思ったけれど たぶん そんな単純な話ではないのだろう 2018.11.2 him&any ©︎2018 him&any

次々に分岐しながら広がるように。

水が流れる先を探して隙間から隙間へとたどって流れていくように人生を生きてきた。傾きがあるからこそ次の場所に進めたのかもしれない。ずいぶん長い下り坂をくだってきたようだ。あちこちに曲がりながら流れやすい場所を探しながら。気がついたらこんな場所にいた。最初と今のつながりを辿ってもどこでどうやってここまでつながってきたのかわからない。でも植物の根が次々に分岐しながら広がるように時間は流れていく。途中で硬い石にぶつかればそこでまた分岐して先へ先へと水のある場所を求めて進んでいく。その水がどこに送られているのかも知らない。今ごろ地上では輝かしい太陽の光の下で花を咲かせているのかもしれない。冷たい雪の下で春を待っているのかもしれない。でもそんなことは知らない。今見えるのはどこまでも続く土の中の暗闇と時々ぶつかる石ばかりだ。今もまた石にぶつかって分岐して進んでいく。今いるのはあるいはこちらの根かもしれない。あるいはあちらの根かもしれない。分岐して土の暗闇の中へ進んでいったのはもしかしたら自分ではないだろうか。深い深い土の暗闇の中で触れあった水に手を添えてそっと抱きしめて溶けあう。 2018.12.18 him&any ©︎2018 him&any

him&any 恋がふりつもる夜 歌詞

それはまるで おとぎ話のような やわらかく光る風に 包まれて静寂あふれる夜 あきらめてひとり 歩く夜の足もと ぽつり 見上げるとまるで夢の ような景色が あふれたんだ そう それは降り落ちる恋の 見える夜 あちらこちらに 切ない うれしいが 今はもう 三日月も星座も見えないけれど こんな 恋がふりつもる夜 あなたはまぶたをふせて 恋がふりつもる夜 あなたは何を悲しむの 胸の奥に 深く閉じ込めて うつむいた横顔 ここには もう いないから 手をのばさなくていい 触れそうなそばで届かなかった そう それは心の飽和した夜 あふれた痛みが 洗い流し 透き通る その弱さも やさしさも 鮮やかに浮かぶような こんな 恋がふりつもる夜 寄り添う傘 遠く揺れて 恋がふりつもる夜 それは たぶんそのままでいいと 声にならない 歌かすれたまま 揺れる不安と希望に 惑いつまずいて 塞がる世界で甘い哀しい夢を見ていた 聞こえない 見えないような 平気さを装って 可能性の残像 それは そっとそのままにして 風を見送って 星の輝くほうへ him&any 2018.12.15 ©2018 him&any