投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

Translate

もういいさ

もう いいか

もう いいね

もう いいよ

もう いいさ

答えだなんて

たいした

ものはないけど

なんとなく

そう

そうだって

気がする

そうじゃない

って気がする

そうじゃない
そうじゃない

って気がする

何だろう

もういいよね


2017.2.28 him&any


©︎2017 him&any

山折。谷折。

キリトリ線。山折。谷折。
そしてまた山折。谷折。


それでそれはもう元の四角い紙の姿を見せない。


どのように見えるのか。
どう見せるのか。


折る人次第。見る人次第。





2017.7.22 him&any

©︎2017 him&any

まるで

まるで夏みたいだねとあなたが笑った。

そうだね。と僕は、つぶやいた。


2017.7.20 him&any


©︎2017 him&any

セミとカミナリと雨と目覚まし時計

いっせいにセミが鳴き始めた気がする。

あのカミナリや大雨の音は
彼らにとって壮大な目覚まし時計だったのかもしれない。

雨は人間にとって恵みだったり災害だったりするけれど、
自然界の中では

雨はただの現象にすぎない。

現象の結果や原因はあるけれど、
それもすべて現象そのものがあるだけ。

そこに意味を持たせるのは人間の意識や生活。

[自分の命]という現象に

意味を持たせるのも

人間

(自分や自分に関わる人の意識や生活)。

----------------------
ツイッターにのせた言葉の備忘録。

2017.7.14 him&any

©2017 him&any

たぶん 夜の川のあるところから

七夕だから

ってことにしておけばいいか

伝えたい言葉が
たくさんこぼれてくる

もう会うことはないのに

過去の時間に凍りついた人なのに

伝えたい言葉が
たくさん たくさん こぼれてくる

空の上の 光の

夜空の
たぶん 夜の川のあるところから

涙のように

雫のように

たぶん 夜の空の上の
心を置いてきた場所からあふれてくる

こぼれてくる


2017.7.7 him&any


©︎2017 him&any

いいよ ぼくは、ずっと

いいよ ぼくは、ずっと


もう ずっと音楽のなかにいたいのに






2017.7.7 him&any




©︎2017 him&any

今だってじゅうぶん ーフィッシュマンズのいかれたbabyを久しぶりに聴いて浮かんだ自由詩ー

あの頃 の中を

ずっとぐるぐる 回っていられたらなぁ、

だなんて。

今の僕らに失礼だろう?

そんなこと言うなんて。らしくないよ。

大丈夫、今だってじゅうぶん。

いかれたbaby。あなたも。僕も。

【I love fishmans】

https://open.spotify.com/track/1gP62OwVtt0D6Aoob8nubO


2017.7.7 him&any

©2017 him&any

クレセントの花

イメージ
「クレセントの花」というのは him&any の1stシングルです。
記念すべきファーストステップです。

youtubeがこちら。



このジャケット写真は夏に撮影しました。
空の青と雲の白がキレイです。

あれからもう1年がたちます。
夏の空が近づいてきて、ふと、もう1年なんだと思いました。

本日、2017年7月6日。明日は七夕です。
九州では大雨の被害が心配されます。

その一方で渇水を心配する地域もあります。
いろいろな場所のいろいろなことが無事であるよう祈ります。

そして him&any のまわりでは夏が近づきつつあります。

その空と空気と音を感じると、
1年前に、世界への一歩を踏み出そうと、必死で録音をして
ミックスやマスタリングと悪戦苦闘していたことを
思い出しました。

作詞作曲、歌、演奏、シンセの入力、ジャケット作り、動画作り
タイトル決定、配信手続き、各種アカウントの設定 などなど。

この曲でたくさんのことを学びました。
この曲とともにいろいろなことにぶつかって
一緒に成長した、とも言えます。

この曲があって、はじめて配信をして
はじめてyoutubeにアップして。

そして各種音楽サイトを知り、ブログを始め、ツイッターを始め。。
いろいろと世界が変わりました。

音楽的にはこの曲には課題がたくさんあって
一時期まったくこの曲を聴いていなかったけど
一年たつとようやく落ち着いて聴くことができるようになり
自分の気持ちや、音楽への思いを再確認しました。。

世界は黙々と変わっていきます。

何かの記録や賞を成し遂げたわけではないけれど
自分にも登ってきた坂道があり、

それを形として世に出すことができたことを誇りに思います。
自分の同士であり、子どもであり、分身でもあり。
この曲のことをたぶん誰よりも好きで
誰よりも批判していたい。
そんな曲です。

spotifyのリンクです。

https://open.spotify.com/track/5AQhr8Vf03NGEeSh7GQDnf

(※9.20追記 store配信終了しました)

別の機会に歌詞や演奏についても記してみたい。


2017.7.6 him&any

©2017 him&any



7月

7月になる。

空は夏を迎える。

でもまだ少し、雨。

緑は雨期を喜び揺れる。

でも

7月になる。

風は夏を奏でる。

目を細める、準備をする。


緑も日差しを予感する。



目を細める。



準備をする。


2017.7.1 him&any

©2017 him&any