Translate

ASKA "Too many people" 感想 FUKUOKA

ASKAさんのアルバム「Too many people」を購入しましたので
曲の感想を書いていきたいと思います。

*「まだ聴いてないんだから余計な情報は知りたくない」という人にとっては
 『ネタバレ』になってしまうので、この先を読むかどうかは
 ご自身の責任とご判断にてお願いいたします。
 (といってもそんなにたいしたことは書けませんが)



◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇


◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇


◇ □ ◇ □ ◇ 


◇ □ ◇ 




1曲目はFUKUOKAという曲です。
ピアノからはじまるとてもきれいな曲です。

ASKAさんのブログなどを通してこの曲の内容や経緯などは
すでに周知のことと思います。

アルバムから先行してYoutubeに発表されました。
(と記憶しています)

Youtubeで初めてこの曲を聴いたとき、

「あれ? 聴こえない」

と思ったんです。不思議と。

モバイル機器のスピーカーで聴いていたのですが
音が鳴っているのは分かるけど、聴こえない。
歌が耳に入ってこない。
どうしたものか。

ヘッドホンをつないでみても聴こえなかった。
音が鳴っていて、歌があるのに、聴こえない。聴き取れない。
ボリュームを大きくしても。

しばらく考えてみた結果、
「たぶん、今は、聴くべきときじゃないんだ」と思って
この曲は再生しないことにしました。

そして、次の「X1」が発表された後、もう一度FUKUOKAを再生してみました。

「聴こえる。。」
「ああ、ASKAさんの歌だ。。」

と思いました。
きっと聴くことができる心境になったのだと思いました。

きれいなピアノのイントロからはじまります。
少し ’タメ’ のあるピアノの音が曲の世界にすっと引き込みます。

そして語るように歌がはじまります。
昔よりも、ハスキーがかった声になった気がしました。
でも力強さは変わらず。年齢を感じさせない。

表現力を自由に駆使できる歌い手。
それを強く、弱く、大きく、小さく、操り、ひきこむ。

ギターが重なり、サビになります。

「スイーーーレン、グッーー、メモリぃいーーーズ」
「にゅーーー、シネーーマー、ぱらだぁいすーー」
ここの登り方がとても気持ち良いです。

でも、個人的には
サビよりもAメロ、Bメロのあたりの歌い上げ方のほうが好きです。
PRIDEとか、そのあたりの感じを思い出します。

コード理論などを知っていればもっと詳細な
解説ができるんだろうけれど。

一番最後の歌詞は、たぶんFUKUOKAに向けての言葉なんだろうけど
なんだか、ご自身の境遇、周りの人たち、ファンの人たちに
向けた言葉のように感じました。

bloggerでは歌詞の記載はできないので
ごくわずかな「引用」の範囲で留めておきます。


CDを購入して聴くと
さらにはっきり聴こえるようになりました。

含みと、深みと、記憶を感じさせる歌声です。

歌詞引用 ASKA 'FUKUOKA'より



2017.5.3 him&any


©︎2017 him&any






コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節