Translate

歴史のおもしろいところ

「歴史」はおもしろい。

「勉強」から離れるとおもしろいと感じるようになった。
たぶん、「覚える」必要がないからだと思う。

覚えるのは苦手だ。

覚える必要のない「歴史」は
「物語」だと思う。

まるで小説みたいだ。

人の思いがあり、人と人のドラマがある。
それを読み進むのが面白く感じた。

たぶん「歴史の勉強」もそのようにすればよかったのだと思う。

歴史が得意だった人はきっと
そのように面白く感じていたのだろう。
とてもうらやましい。
その人はなんて楽しい授業時間を過ごしていたんだろう。

でもまあ、このように「視点が変わって感覚が変わる」ということを
実感として感じることができたということも
面白さのひとつだろうと思う。

楽しめるものは楽しみたい。

2018.7.3 him&any

©2018 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節