投稿

Translate

コイントス

困ったときは

コイントスをしよう

表か裏か

当ててみようか

ただそれだけ

辛いときも
コイントスをしよう

リンッと
コインを高く弾くんだ

困難が立ちはだかるときも
コイントスをしよう

ただそれだけ

くるくるっと空中で回るコインを
パッと掴んで

さあ、大きな歩幅で歩こう

表か裏か
握りしめた手は
開かないままでいい

さあ、風のように歩こう

ただそれだけ




2018.10.11 him&any


©︎2018 him&any

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

日本語の誤った使い方をしている例
という感じの記事があった。

アンケート調査だ。
国語に関する世論調査かな。

調査の中でも
「本来の意味とは違う使われ方」
という部分が新聞に載っていたので

たぶんその部分は
多くの人が気になる項目なのだろうと思う。

調査で質問された言葉は3つ。

以下に正しい意味と誤解された意味
およびパーセントも含めて書いてみます。

(文化庁のホームページより引用)
引用元:国語に関する世論調査

「檄を飛ばす」
○自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求める 22.1%
×元気のないものに刺激を与えて活気づける 67.4%

「やおら」
○ゆっくりと 39.8%
×急に、いきなり 30.9%

「なし崩し」
○少しずつ返していく 19.5%
×なかったことにする 65.6%


これをみると「やおら」は
正しい人と間違った人の割合が近いけれど
「檄を飛ばす」「なし崩し」は

圧倒的に間違っている人が多い。

言葉は難しい。

日本語を使用している人の
およそ6割が
間違った使い方をしていて
でもそれで話が通じるのである。

そうなると
言葉において間違った使い方というのは
いったい何なんだろうとも思う。

あるいは
正しい使い方はおよそ2割しかいないので

正しい使い方をしようとすると
会話が通じなくなる
ということが起こるはずです。

例えば

外国の人が日本語を学習するときは
おそらくは
「正しい使い方」を学ぶのだろう。

正しい使い方を学んだ外国の人が
日本で
「このあいだ、あなたに借りた借金、なし崩しにするよ」
と言うと
およそ6割の人が
「いやいや、借りたお金は返そうよ」と
反応すると思われる。

そこで、正しい使い方を学んだ外国の人は
「だから、なし崩しにするって言っているでしょ」
と答えることになる。

これでケンカになると、非常によくない。

この外国の人とお金を貸した日本の友人は
言葉を言い換えながら意思疎通を図り
分かりあい、仲直りしてほしい。
と思う。

言葉は難しい。

たぶん、「無し」「崩し」という言葉から
山のように積み重なった借金が
ガラガラと崩れてなくなってしまうような
イメージが浮かぶのだろう。

「檄を飛ばす」もイメージが意味を誘導する
のだと思う。

「やおら」は言葉の響きからは
「ゆっくり」している気がするから
正しい使い方の割合のほうが多い…

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

いろんなことに別れを告げて生きてきたから
これからも別れを重ねて生きていくよ
切り捨ててきたのは自分だから

切り離されていくのも自分なんだよ

軌道から外れて無重力の中を漂う暗闇の中を
切り裂く光は

この先たぶん別れの方が
出会いより多くて
思い出す光は
たぶん

思い出す光は

誰かの仄かな気づかいに
気がつくことが
できるようになって大人になった暗闇で
たぶん

思い出す光は


たぶん





2018.10.3 him&any

©︎2018 him&any

女性名詞 男性名詞

外国の言葉の中には
「女性名詞」「男性名詞」といって
言葉に性をつけて分類している言葉があるので
ひとつひとつ覚えなければならないらしい。

長い間学校教育で馴染みのある英語でさえ
単語を覚えるのは苦手なので
それが2倍になると思うと
大変だ。

最近知ったのだけれど、
女性名詞とか男性名詞というのは
必ずしも生物的な性別と
結びついているわけではないらしい。

なおさら難しいじゃないか。

ただ、思ったのは、
その言語を母語としている人は
女性名詞と男性名詞の使い分けによって
性別を感じるのだろうか。

つまり、例えば、
日本語の文章では例えば「俺」というと
この話し手は男性なのかな、と思うし
「〜かしら。〜なのね」というと
女性なのかな、と感じる。
そんな感じになるのだろうか。

もちろん、一人称で「俺」という女性もいるし
男性でも「〜かしら。〜なのね」というので
一概には言えない。
男性や女性というだけでは性別は区切れない
という状況もあるのはわかる。

そのあたりも含めて
女性名詞と男性名詞を分ける言語を
母語としている人は
実感としてどのような感覚なのだろうか。
という疑問でした。


2018.9.24 him&any

©︎2018 him&any



言葉の共通性

今日ふと思ったのですが
(日付が変わったので昨日ですが)

言葉の共通性って面白いですね。

日本語と外国語の共通性です。

ワン ツー スリー フォー
いち に  さん  し

ファイブ シックス セブン
ご    ろく   なな

エイト ナイン テン
はち  きゅう じゅう

これを「ひい、ふう、みい」でやると

ワン ツー スリー フォー
ひい ふー みい  よー

ファイブ シックス セブン
いつ   むう   なな

エイト ナイン テン
やー  ここの とお

なんとなく似ている気がしませんか。

あとなんだか忘れてしまったけど
言葉そのものが似ているのがあった気がする。

晴れ    くもり    雨
ファイン  クラウディ  レイン

みたいな感じで
晴れ も ファイン も「ハ行」で始まり
曇り も クラウディ も「ク」で始まるあたりが

なんとなく
きれいで晴れ渡った空を見ると
日本語でも英語でも「は行」の音で言葉を発したく
なるのかな、なんて思ったりして、
曇りの空だと
「ク」が合うのかななんて
思ったりした。


2018.9.23 him&any

©2018 him&any




him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版

イメージ
him&anyの 最新のYouTube動画 19秒 ↓
最新とは言ったものの曲自体は最新じゃなく、
昨年作った曲です。

前に作った「配信版」の
別の個所を切り取った紹介動画です。

動画のタイトルは

「そっと星の色を -without even saying goodbye-」
配信版 紹介用ショート版
です。

動画のアドレスは
https://youtu.be/X3c1nCyFxlw
です。

紹介用なので19秒しかありません。

「あ、こんな世の中にはこんな曲もあるんだ」
というくらいにほんの19秒だけ聴いていただければ
さいわいです。


2018.9.23 him&any

©2018 him&any




吹き替えの映画

たとえば英語が得意な人は
英語のままで映画を見たときに
僕が吹き替えの映画を見るように
感情のこもった言葉として
英語を聞くことができるのだろうか?

僕は英語は得意ではない。
中国語もスペイン語もフランス語も
まったくよくわからない。
さいわいにも英語だけは学校で
学ぶ機会があったので
「なんとなくこういうことだ」
というのはなんとなくわかる。

英語の歌詞もところどころは分かる。
I love you.とか
This is a pen.とか。
「愛している」
「これはペンです」という風に
なんとなく意味は分かる。
でも辞書的に訳した雰囲気でしか
わからない。
たぶんネイティブの人が感じているような
感情のある言葉としては
英語を聞くことはできていない。

たぶん英語を聞いても
「実感を含む映像」が浮かんでこないからだ。

たとえば
リンゴと日本語で言われれば
なんとなく
手触りや重さや食感や味なども含めて
リンゴの映像を浮かべている
でもappleと言われて浮かぶ映像は
辞書の中で説明として書かれたリンゴだと思う。
その説明の絵としてのリンゴを
さらに一度日本語のリンゴとして受け止めて
映像化するから
とても遠回りしていて
タイムラグがありすぎて
感情のこもった言葉には聞こえないのだ。

できれば
吹き替えの映画を見ているような感覚で
英語の映画を見てみたいと思う。
中国語やスペイン語やフランス語も
同じように身に付けてみたい。

外国語の歌も
同じように感情のこもった言葉として
聴いてみたい。

たぶん英語のラッパーの言葉が聴き取れたら
洋楽の「グルーヴ」ってやつも
ハートでギュッとゲットできるんじゃないか
というホットなフィーリングで今夜はスリーピングしたい。

2018.9.21 him&any

©2018 him&any