Translate

遠くの空の雲


遠くの空に雲が見えた。
地平線の上にふわりと浮いて底面はペッタンと平ら。
そこからもくもくと積もって浮かんでいた。
積乱雲になるほど大きくはなく。

そんな雲が横にいくつか連なっていた。

空の色はうっすらとした水色で
誰かが青を薄めたような色合いだった。

車のフロントガラスの向こうの
遠くの空に見えた。

何だかアニメーションの映画のような空だ。

いやむしろ、
アニメーションがこちらの世界に寄ってきたんだろう。

アニメーションの中の空が
まるで現実の世界のような空になったんだろう。

そういえば
奇しくもその景色は
あの映画の舞台となった土地の空だ。

そのアニメーションにはその世界の表現としての空があり、
別の外国アニメーション映画には、また別の、
その世界の空があり。

この世界にはこの世界の空がある。

それぞれの表現は否定など必要なく
積極的な肯定も必要なく
ただそれがそれであることをどこまで
受けとることができるのだろうと
考えながらハンドルを切り

雲は見えなくなった。


2017.8.13 him&any


©︎2017 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節