Translate

夏の静寂は夢だったのかもしれない


今朝
目を覚ました午前6時ごろ

夏の朝は
しん、とした静寂の中にいた

白っぽい光が降っていたようで
屋根の輪郭は朧げだった

蝉は
鳴いていなかった

しん、として気配を消していた

そして
一瞬の隙に

その絵の中に音が差し込んできた
蝉が

鳴きはじめた

夏の静寂は夢だったのかもしれないと
思うほどの昨日と同じ
蝉の声の洪水

そして昼をこえて

夕方には
トンボがたくさん飛び交っていた

そうか

秋だ

秋が来たのだ

そういえば
朝夕は夏の重い暑さが緩んでいる

秋だ

秋が来たのだ

今朝はその分水嶺だったのかもしれない
あの静寂はきっと分水嶺の聖域

いっせいに蝉が鳴きはじめた前の日の
カミナリと豪雨のように


2017.8.3 him&any


©︎2017 him&any

コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版