Translate

122 くちばしの天使



これは今のところ

him&anyのYouTubeで

最も新しいアップロード曲である

122 くちばしの天使』にまつわる

エピソードです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


「あのまるいチョコレートのふたをあけても」

「くちばしの天使はほほえんでくれないから」

という歌詞があります。

「くちばしの天使」は簡単には姿を見せてくれません。

大人になったからといって

3コ、5コとまとめ買いしてみても

微笑んではくれません。

そんな毎日を過ごしていたある日

ふと気がつきました。

自分のための努力をしていても

くちばしの天使には届かないのだ、と。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


それは、これ以上なく頑張った日、

へとへとになって、たどり着いたコンビニエンスストアで

何の気もなく、手に取った「あのまるいチョコレート」

フタをあけたら、くちばしの天使が微笑んでいました。

シルバーのオーラをまとった天使でした。

その日、頑張ったのは、自分のためじゃなく

自分を信頼して任せてくれた人のため。

売上も利益も忘れて心を使い果たした日。

くちばしの天使は、ふとあらわれて、微笑んでくれました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


そしてまた別の日。

そうならないように事前にできることを

すべてやって、やりつくして、挑んだはずだったのに

クレームもあり、アクシデントもあり、

疲労にくたびれた心と足をひきずって。

クレームの対処を終えて。

それでも、まだ消えないクレームもあって。

日の暮れた暗い国道沿い。

ヘッドライトがやけに眩しくて。

高架の上を走る電車は帰宅する人で満員で。

夜空の中を走る暖かい光のマフラーに見えた、

冬の夜。

もう。これでおしまいでもいいか。

と思った夜。

手に取った「まるいチョコレート」には

「くちばしの天使」がいました。

ゴールドの光をまとった「くちばしの天使」がいました。

微笑んでくれました。

その瞬間、体から力が抜けました。

たぶん、これで、間違ってはいなかったんだと。

今日の疲労は、今日の努力は、

たぶん、だれかのためになっていたんだよ、って

教えてくれた気がしました。

くちばしの天使のマネをして、口元だけで少し微笑んで、

疲労した瞼から涙がこぼれ落ちました。

その日から、思うのです。

「くちばしの天使は、全力のその先で、微笑んでいるから」と。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


あの日から、たくさんのくちばしを開きましたが、

天使はどこか遠くの空を飛びまわっているようです。

きっと、今は、努力が足りないんだろうな。


2017.3.14 him&any


©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

コイントス

別れを重ねて漂う暗闇の中に煌めく光のこと

ことばの「誤った使い方」について思ったこと 〜檄を飛ばす、やおら、なし崩し、敷居が高い〜

吹き替えの映画

女性名詞 男性名詞

言葉の共通性

ごんぎつね 解釈

him&anyの 最新のYouTube動画「そっと星の色を -without even saying goodbye-」19秒 配信版 紹介用ショート版