Translate

客観的な評価と主観的な評価


「客観的な評価」を誰かにお願いしたとしても、

その評価はその人の主観だから、

結局「自分以外の誰かの主観的意見」にすぎない。

それでも客観性に近づこうとするなら、

そういう「誰かの意見」をたくさん集めて、

その結果を自分で多角的に判断するしかない。


◇◇◇◇◇◇


上記はツイッターでのつぶやきです。

つぶやきにしてはだいぶ長いけれど。

誰かに客観的な評価をしてもらいたいと思っていた。

でもそれはよく考えたら

その誰かの主観的な評価なんじゃないかと思った。

本当に正しいものなんてあるのか。

ないのか。


2017.4.16 him&any

©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

歴史のおもしろいところ

村上春樹のラジオ

TuneCore Japan で 「LinkCore」 というサービスが始まった

それで悔しいと思うなら

何を忘れたのか

昔話と5W1H

蛍の季節