スキップしてメイン コンテンツに移動

桜守(さくらもり)


もう再開することはないかもしれない
その桜の下で
別れた

もう二度と会うことはないかもしれない
ふとそんな気がして
目を伏せた

二度とないということは
永遠ということだ

桜の木がバックミラーに小さくなっていく

その姿を見て
たくさんの別れを思い出した

いくつもの別れは
いつのまにか

今生の別れになっていく
気がつかないうちに

駅前に咲いていた
日なたに咲いていた
三分咲きだった

その桜にはきっと
目に見えない桜守がいる

このあたりでは
どこよりも早く花を咲かせる

ドアを開けたら
少し甘いにおいを感じた気がした

たぶん
その木の桜守が目の前を通ったのだと
そんな気がした

あの人の幸せを祈ろう

桜の季節は好きではなかったのに
今日の桜の色が
眩しくて

ふと心がほどけた気がした

心が
ほどけた気がした

空気が
やわらかくなった気がした

たぶん
その木の桜守が目に見えない何かで
心をほどいたのだと
そんな気がした

満開の桜だったらそんなことはなかった
たぶん

今日の日なたで
明るいあたたかさが
やさしかった

いくつもの別れを
かみしめた


2017.4.3 him&any


©2017 him&any


コメント

このブログの人気の投稿

チャレンジ

チャレンジすることは 大事なことだ そして何より 楽しい 自分で挑んだチャレンジだから 困難も 楽しい ぎゅーっと息をつめるような 集中 ぎりぎりと身を引き締めるような 緊張 すべてが 何かに 繋がるようで 楽しい ロールプレイングゲームで じりじりとレベルをあげていくように じわじわとコインを貯めていくように 楽しい 自分で挑んだチャレンジならば つらいことも 楽しい 自分で選んだという口実のもとに 不条理に理不尽に強制されるチャレンジは 楽しくない 自分で挑んだチャレンジならば 何もかも 楽しい 2017.12.4 him&any ©︎2017 him&any

欲と苦しみ

ツイッターの投稿をしながら考えたことです まず、該当のツイッターの投稿を5つ並べます T:欲があるから苦しみが生じるのだ、という仏教の言葉を思い出しました。ブログの検索アップ対策とか、ツイッター検索への表示とか、そういう欲があるから「何をしても改善されない」という苦しみを生むのでしょうね。 T:その仏教の言葉を実践して、不必要な「欲」がなくなれば、あるがままに、淡々と、ブログを更新し、ぼつぼつとツイートをつぶやく生活ができるのでしょう。きっと。 T:では、そういう苦しみの元になる「欲」を断つにはどうすればいいか。まずその「欲」を増幅させることにつながる「ブログをはじめるにはこの設定は必須」とか「ツイッターの便利機能はこれ」というようなサイトを見ないようにしようと思う(あくまでも個人の感想です)。 T:そういう「便利さ」を最初から知らなければ、「いいなー」と思うこともないし、「いいなー」と思わなければ、「自分もそうしたい」という「欲」もでなくなるから、結果、その「欲が叶わないという苦しみ」はなくなるはず(あくまでも個人の感想です)。 T:ただ、「ブログではこういう設定をしておこう」とか「ツイッターにはこんな便利機能があります」という記述は、bloggerやTwitterの「ヘルプ」にも書かれていることなので、結果、「ヘルプ」も見ないほうがいいか。ということになるのでしょう(あくまでも個人の感想です)。 つまり 「便利さ・お得」→「欲」→「叶わない」→「苦しみ・悲しみ」 ということです。 そのいちばん元になっているのは「便利さ・お得」といった情報です。 それがなければ「欲」が増幅することもない。 だから「便利さ・お得」という情報に触れるのはほどほどにしよう ということなのです。 が、しかし、じゃあ「便利さ・お得」になぜ心がひっかかるのか それは、さらにその奥に「欲」があるからです。 「ブログで人に自分の意見を主張したい」とか 「SNSを通じて認められたい」とか そういう欲求です。 本来の目的はそうじゃなかっただろう! ということをきちんと自分に言い聞かせないと すぐに「欲」にとらわれてしまいますね。 しかしながら、その「欲」を巧みにつかんで 「欲」を「必然」に置き換えて他者に

ごめん

ごめん ごめんねって 取消しができればいいのに ごめんねって なかったことに できればいいのに 壁に残った傷あとだけが 鋭利な記憶で 責めるよ ごめん ごめんね いつかその傷は かえってくるから そのままにしておいて いつかその傷を 証のように かかげるのかな ごめん ごめんね とりかえしは つかないよね 謝ることさえ できないよね 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

誰? それは 誰? 冷たい 圧倒的な 夜 誰の夢を 誰の恋を そこに 爪痕が 残るような 涙が それは 誰の 誰が 2017.1.31 him&any ©️2017 him&any

違い

立場が違えば 見えるものは違うし 感じることも違う 立場 以前に 別の個人と個人なんだから 見えるものは違うし 感じることも違う 他の人が見えないことも気づかないことも あるよ 自分だけが見えていない気づいていないことも あるよ それが争いのもとや 傷つくもとになってしまうのは もったいない と思う そんなところで 責めたり責められたりするなんて 悲しい と思う せっかくの違いを 機会にして チャンスにして 大切にして 争いじゃなく 共有して 補いあって 昇華できればいいのに 昇華してもっとよくなって いけばいいのに そうやってうまくいけばいいのに 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any

違い 2

ああ でも 自分が気がつかないせいで 誰かが 傷ついていることも あるか それはもったいないなんて 言ってられないな 責めたり責められたり するな 気がつかないままでいることで 誰かが何かを背負うなら 気がつかないままでいることそのものが 誰かへの刃になってしまうね そんな刃を振りかざして 振りかざして 手触りのいいことばっかり 言っていてもさ ねえ 本当に気がつかないの? 本当に 気がつかないだけなの? 2017.1.27 him&any ©️2017 him&any